« 《失魂》についての映像など | トップページ | 器用、不器用、自然、不自然 »

2013.02.07

大阪アジアン映画祭で《女朋友。男朋友》上映

2013年3月8日から17日まで開催される大阪アジアン映画祭で、《女朋友。男朋友》が特別招待作品として上映されます。邦題は、英題と同じ『GF*BF』。

追記◆映画祭公式サイトによれば、3月16日(土)の梅田ガーデンシネマでの上映の際に楊雅[吉吉](ヤン・ヤーチェ)監督がゲストで見える予定とのこと。

追記2◆→後ほど改めて、日本語字幕で見た感想文を書いてみたいと思います。



Dvd20130512
(2013/05/12)
追記3◆感想文はいまだ格闘中(←仕事遅すぎ!)。上映時の会場での感想などを以下に少し……。

第8回大阪アジアン映画祭で上映された『GF*BF』(《女朋友。男朋友》)の「世間的な反応」は、大雑把にまとめると、恋愛や人生といった面からこの映画を受け止めた人にとってはすこぶる評判がよく、台湾の民主化運動の歴史といった社会的側面の描写までを期待した(と思われる)人からは今イチな感想だったというところかと思う。

映画祭での3回の上映は、それぞれに雰囲気が異なっていた。1回目の梅田ブルク7/スクリーン3という比較的大きめの画面での上映はそれはそれは素晴らしかった。特に戸外で撮られた幾つもの夜の場面の美しさは、スクリーンが大きければ大きいほど強い印象を残す。日本における最初の上映ということもあったのか、上映後の客席から立ち上る息をのんだように張り詰めた空気感も、ほかの作品の上映後にはなかったもののように感じられたし、その後の2回の本作の上映後にも感じられなかったものだった(単に自分が久しぶりに見てそういう状態に陥っていただけだったのかも知れないが……)。別記事のコメントにも書いたが、上映が終わって会場を出る観客たちの間から、「人生経験がないと、この映画を理解するのは難しい」といった声が聞こえてきた。

2回目のシネ・ヌーヴォでの上映は、劇場自体が大きくないこともあり満席で補助椅子までを使用しての上映となった。特筆すべきことはないが、直後に上映された杜琪峰(ジョニー・トー)の『毒戦』よりも観客が多かったということには驚いた。 

3回目の梅田ガーデンシネマの上映時には、楊雅[吉吉](ヤン・ヤーチェ)監督がゲストとして登壇されQ&Aとサイン会が行われた(上の画像はそのときに台湾版DVDに頂いたサイン)。シネ・ヌーヴォよりは大きいがブルク7よりはずっと小さいこの劇場の上映でたった1つだけインパクトのある出来事があった。1970年、中山記念堂前で学生たちが抗議の座り込みを続ける中、陳忠良が私服警官と密会する場面(彼の「秘密」が初めて明らかになる場面)で、客席から悲鳴にも似た驚愕の声が上がったのだ(それも1人ではなく何人かの……)。作品自体がそのように作られているし、台湾でのプロモーションのときにもマスコミ試写が行われるまでは陳忠良のセクシュアリティに関する説明は一切なかったから、それはそれで「有り」なのかもしれない。しかし思わず発された驚きの声は、小さなショックではあった。

映画祭の閉幕日(3月17日)の午前中に行われた楊監督とのファン・ミーティングは1時間だったのが残念だ。上映後のQ&Aと同様に、挙手した人が質問し通訳の方を介して監督が答えるスタイルで、ファン・ミーティングに参加するほどの熱意ある観客だから仕方ないのか、質問者の質問がどうしても長くなり、参加者のうち5~6人しか声を発することができなかった。どちらかというと「台湾映画」ファン・ミーティングといった風情で、作品に関するディープな質問をされて(監督をも驚かせて)いたのは1人の方ぐらいで、ほかの方は比較的一般的な質問だった。個人的には、監督が熱を込めて話しをしかけたのを司会の方から制止された、台湾での脱原発運動の話などもっと聴きたかったが……。

« 《失魂》についての映像など | トップページ | 器用、不器用、自然、不自然 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/56714055

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪アジアン映画祭で《女朋友。男朋友》上映:

« 《失魂》についての映像など | トップページ | 器用、不器用、自然、不自然 »