« 息子 | トップページ | 迎春 »

2009.09.28

昼間から呑む

Daytimedrinkingこのタイトルは自分の日記ではなく、23日に浅草(第2回したまちコメディ映画祭)で見た韓国映画の題名である。ことしのアジアフォーカス・福岡国際映画祭では『酒を呑むなら』というタイトルで上映されたが、したまちコメディ映画祭の方では『昼間から呑む』とされた。英題は《DAYTIME DRINKING》。韓国語の原題は「昼酒」という意味の言葉らしい。

映画祭サイトの作品解説にもあるように、ノ・ヨンソク監督はこれが初めての長編作品。100万円という超低予算で、自ら脚本、撮影、照明、編集、音楽までやってのけたという。

「失恋した若者のロードムービー」と聞くと、起伏の少ない自分探し的な物語を想像しがちだが、この映画は全く違う。コメディ映画祭で上映されるだけあり、むしろ「失恋したトンマな若者の、たまたまロードムービーwith酒」といったところだ。

とはいえ、こんな素敵なタイトルをつけながら、この映画は酒がうまそうではない。ほとんどの場面で飲み食いしているが、酒がうまそうに見えない。この映画で実にうまそうに酒を呑んでいるのは、主人公が結果的に2万ウォンを「騙し取る」ことになるゲイの労働者ぐらいなものではないか。大体、主人公自身が「酒を呑む」ということにこだわりを持っておらず(だが酒は強い)、酒のみならず、自分の行動にも大したこだわりも意志もない、素直で世間知らずの若者だ。

主人公の旅きっかけを語れば、その主人公の「ボケ」っぷりがわかってもらえるだろうか。

映画の最初のシーンは、若者たちの飲み会場面から始まる。主人公の失恋を慰めようと、皆で明日旅行に行こうという話で盛り上がる。当の本人は乗り気でなかったがその場の勢いに丸め込まれ、翌朝、現地のバスターミナルに1人降り立つ。ところが、友人たちは誰1人やってこない。「言い出しっぺ」の友人に電話をすると、来られないという。が、友人に説得され、後から友人も合流するということで、現地で友人の先輩がやっているペンションに泊まりにいくことにする。

あとは失敗続きの大ボケ話になる。とはいえ、だらだらしたなりゆきまかせの物語になるわけではなく、登場人物から台詞までしっかり練り上げられて愛すべき「くだらない」物語が形づくられ、「くだらない」オチに至るまで貫かれていくのが素晴らしい。

左上に貼った画像(韓国でのポスター?)を見ていただくとその片鱗がうかがえると思うが、映像も、そして音楽も、さりげなく心地よく美しい。特に美しい景色の中で撮影されているわけではないのだが、場面場面が、堂々たる映画の「絵」になっている。そしてそこに見事なプロットのくだらない物語が横たわり、その上を「イマドキの若者」が泳ぐ。

そのギャップが放つパワーは、山下敦弘監督作品以上のものがあるかもしれない。

« 息子 | トップページ | 迎春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/46295630

この記事へのトラックバック一覧です: 昼間から呑む:

« 息子 | トップページ | 迎春 »