« 2009年3月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.05.25

やはり寝てはいけないらしい

23日、盧武鉉前大統領の死の第一報をラジオで聞いたとき、まだ「山に登り崖から落ちた」とのみ報じられていて、自殺なのか事故なのか断定されていなかったが、そのときふと黒澤明監督の『悪い奴ほどよく眠る』の火口への投身自殺(未遂)場面の情景が浮かんだ。あとから写真を見ると、その場所は映画とは全く違う、東尋坊のように切り立った崖だったけれど……。盧武鉉のことは通り一遍のことしか知らないけれど、農家の三男で人権派の弁護士として活躍し政界入りなどという経歴を読むと、故郷の山の崖から身を投げたというのが何とも哀れだ。

フレディマックCFO代行、ディヴィッド・ケラーマンの4月の訃報には感慨はなかったけれど、自殺ではなく謀殺なのではないかと思ったのを覚えている。

「悪い奴ほどよく眠る」とは、『ダウト~あるカトリック学校で』の原作戯曲の冒頭に掲げられていた言葉でもある。もちろん、映画の監督で戯曲の作者でもあるジョン・パトリック・シャンリィは黒澤映画を知っていて、映画を意図して書いた言葉だ。これが実質的にどこにつながっていくかというと、最後の場のジェームスとアロイシスとの「最近、眠れない」「我々は、あまりよく眠ってはいけないということなのかもしれない」という会話となる。

世の中の流れは速く、重大なことも卑小なことも、自分の頭で考えたという自覚もないまま、「どこかのだれか」によって決められていく。夜中にインターネットで他人の書いた文章を読んでは、愕然としたり、憤慨したり、自分に情けなくなったりして眠れなくなる。

テレビドラマ。相変わらず『デスパレートな妻たち』は見ている。とはいえ先週も先々週も見逃した。特にギャビーのエヴァ・ロンゴリア・パーカーやイーディのニコレット・シェリダンあたりの濃いキャラクターが好きだ。女優たちの日本語吹き替えが全員個性的で面白い。テレビドラマをDVDで一気に見るというのは楽しいが、放映ごとに見ると自分の頭の中に、より強烈にその「世界」ができてそれが持続する。……一気に見るにしても、放映ごとに見るにしても、テレビドラマというのは映画に比べると麻薬的な部分が大きいと思う。

海外ドラマブームってのは、みんな実は、現実逃避したいんじゃないか、物を考えたくないんじゃないかとずっと思ってきた。そうやって、我々一般大衆が口を開けてテレビドラマの顛末に夢中になっている間に、政治は腐り、経済は崩壊し、地球は汚れ、家族が離れ、隣人は殺され、誰かがほくそえんでいるかもしれない。チョムスキー言うところのスポーツ観戦同様に、それは、世の中を思うように動かしたい層にとって大変好都合なことなんじゃないかと……。

最近映画館で見た映画。『チェイサー』(←見たら必ずどーんと落ち込む必見の佳作)。『その土曜日、7時58分』(←見たら必ずどーんと落ち込む必見の佳作)。はやく『沈黙を破る』に行かなければ。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年7月 »