« 俳優萬歳 | トップページ | 勇気がない"我々" »

2008.03.31

花冷え

寒さで花見にも行かずじまい。

オスカー・ワイルドの戯曲『まじめが肝心』を、ルパート・エヴェレットのアルジャーノン、コリン・ファースのアーネスト(ジャック)、リース・ウィザースプーンのセシリーで、2002年に映画化したラブ・コメディ《The Importance of Being Earnest》が、何だか知りませんが今ごろ、国内盤DVD(タイトル『アーネスト式プロポーズ』)として4月4日に発売されます(DVDスルー、日本公開なしの模様です)。海外版でとっくに見てしまっているし、何ら特典もなさそうな感じなんですが、細かい言葉遊びの部分などは是非日本語字幕で見てみたい気がします。ガイ・ベネット母を演じたAnna Masseyも出演……というか、脇を固めているのはえらく豪華な方々ばかりです。

そして、ことしもまたEUフィルムデーズ2008がやってきます。ラトビア、リトアニア、スロヴェニアといった滅多に見られない国の作品もあります(一部、日本語字幕なしの上映もあるようですが)。5月16日~6月5日。

アラブ映画祭はその後、25日にラシード・マシャラーウィ監督の『Waiting』と、サミール監督の『忘却のバグダッド』を見ました。どちらもアンコール上映で、中東を知る上で非常に重要な作品です。『Waiting』は中東地域のパレスチナ難民キャンプを巡っていくドキュメンタリー仕立てのフィクション。『パレスチナ・ナウ』を読んで以来、見たかった作品の1つです。"Waiting"とは、ガザ地区で建設中の国立劇場の杮落としの芝居のために行う俳優オーディションで、俳優たちに与えられるテスト演技のテーマなのですが、登場するパレスチナの人々の多くが、日々の生活においても、人生においても、希望もなく、あるいはすがるような思いで、あるいはほかになすすべもなく、「待っている」「待つしかない」状態に置かれていることが見えてきます。国もないのに国立劇場、8年もつくり続け出来上がる保証もない劇場なのに杮落としの準備、そんなグラグラな足場の上で、ガザを出て各国のキャンプを回るオーディションを義理で引き受けた映画監督(主人公)が、徐々に真剣になっていく様子が興味深く、その真剣さを打ち砕くような結末がリアルです。でも基本的には、アイロニカルなコメディです。そのあとに見た『忘却のバグダッド』とともに、見るべきこと、読み取るべきことが沢山ある作品なので、1回見たぐらいで何かが書けるとはとても思えません。『忘却のバグダッド』は、インタビューと古い中東の映画の場面で綴るドキュメンタリー。登場するのは、全員がイラク系のユダヤ人。イラクにおいてはアラブ人として暮らしながらもユダヤ人として差別され、イスラエルに移住しユダヤ人として暮らせば、イラク人・アラブ人として差別されたという。ニューヨーク市立大学で教鞭を取るエラ・はビーバ・ショハットが、イスラエルのテレビ番組で「イスラエルに差別はある」と発言し、反発する司会者を尻目に、スタジオ内の観衆の支持を勝ち取る場面は圧巻です。ショハットの本で、日本語訳されたものはないのでしょうか(なさそうだ)。しかし、こんなことしか書けないのがもどかしいです。

« 俳優萬歳 | トップページ | 勇気がない"我々" »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/40697954

この記事へのトラックバック一覧です: 花冷え:

« 俳優萬歳 | トップページ | 勇気がない"我々" »