« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.23

わがままな客

22日、やっと岩波文庫『ペドロ・パラモ』を買う。

初日からきょうまで、TIFF2007のアジアの風作品を10本(&コンペ1本)を見たけれど、どの作品もヒューマンな内容で見応えがあり、ハズレなしという感想。若手監督の新作を積極的に持ってきているのに、内容的には、年齢層の高いのが特徴の日本のアジア映画ファンのまさにストライクゾーンという感じの作品群で、となると前回までのような、「なんじゃこりゃ?」的な尖った作品がないのが、ちょっと寂しく思えてきたりして……。まあ「何じゃこりゃ?」であっても「何だか惹かれる、何だか凄い」と思わせるものもあったし、ただただ「何じゃこりゃ?」としか感じられない作品もあったのだけれども……。それでも、ね。 

のんきでわがままな「観客」である。

そんなことを言いながら、今のところ最も気に入ったのは、インドの女性映画『運命の糸』である。インドというと、人がごったがえす都市の風景をイメージしがちかと思うが、この映画ではインド北部の山岳地方の風景や、北西部の砂漠の風景が本当に美しい。運命に操られる男女のメロドラマ、あるいは夫婦の情愛物と思いきや、女性の自立を(というか、本当は「女性」にとってだけでなく、人間が自分の人生を選び取って生きることの困難とその意義を)描いている。伝統的な生き方を選ぶことは正しく立派なことのように思えるが、出来合いのレールの上を安易に流されて生きているだけだ。すべてを自分で決めること。決めたことには責任を負うこと。そうして、本当の自分の人生を生きよう、と訴える。娯楽作品ではなし、物語の展開や顛末は想像に難くない。だが、さすがインド映画というのか、きっちり笑わせ、しっかり泣かせて、爽快に終わる。つまり「見せる」。女優陣も魅力的だ。でも、自分がこれまでに見た映画の中で、最も厳しいことを言っている映画の1つだと思う。

フィリピン映画『レカドス食堂』も、とても可愛い作品で、料理をモチーフにした3代の女性の年代記である。監督は26歳という若さの男性である上に、映画の総制作費は200万円だそうだ。が、高名な脚本家に師事する監督だけあって、若きヒロインの恋、3代の女性の生き様といった盛り沢山な内容を、フィリピンの家庭料理を中心にコンパクトにまとめ上げていて見事だと感じた。低予算でありながら、主人公の女優陣はフィリピンでは有名な人たちばかりだそうで、脚本に思い入れてほとんど無償に近いギャラで出演してくれたとのこと。で、明るく可愛い作りの映画なのだが、後からしみじみ振り返ると、祖母・母・娘の営む「レカドス食堂」は、映画の中の回想シーンでのみ繁盛しているだけで、苦しい家計にあって「今」は1度も店を空けていないということに気付く。

こんな感動作が目白押しな「満腹」アジアの風の中で、唯一いつもどおり気を吐いてくれたのが、さすがのパン・ホーチョン作品『出エジプト記』だ。見終わった直後、パン・ホーチョンはますます高みに上ってしまったなあという感想を持った(でも、何だかわからぬ違和感もあった)。すごく下らないことを大真面目にやっている可笑しさは変わらない。ダイバーのエピソードやら、女性の陰謀といった主題は本当に下らない(が面白い)。なのに目いっぱい真面目に格調高く作られている。暗く静かな画面、未解決事件を追う警部、返還前の香港と今の香港、そしてダイバーのエピソードに表された警察の暗部なんてものが揃ってしまったものだから、「『殺人の追憶』か?」というほどの重厚さにまで手が届きそうになってしまった。下らなさと真面目さのギャップが大きいほど面白いのは笑いの基本なわけで、となると今回は格別に面白いはずである。大好きなパターンだ。なのにもう1つ何か満足できなかったのは、実は今、それは主演のサイモン・ヤムのせいだと信じている(笑)。映画中で女性とのラブシーンなどもあり、それはサイモン・ヤムだからこその信憑性なのかもしれないけれど(醜男じゃ「その展開、都合良すぎるよ」と思えてしまうもんね)、でも、サイモン・ヤムが婿殿状態で姑に馬鹿にされようが、ジャージでカラオケを歌おうが何をしようが、情けなくないし、可笑しくもない。「かっこよくてセクシー」過ぎて「味」がない。監督が意識して配置したというスクリーンの中の巨大な建造物と同様、彼は無機物の1つなのだろうか、などとすら勘ぐってしまうほどの「つまらなさ」が、映画の中のサイモン・ヤムの周りに漂っていたと言ってしまっては、素人の癖に失礼過ぎると叱られるだろうか……。でもラストのしゃっくり、面白くなかったもん……(え?あれは面白さを出すためではない?)

2007.10.21

渋谷街もよう

東京国際映画祭の1日目は3本の映画を見たはずなのですが、前日余り寝ていなかった&そんな中でもこらえきれず、ついついビールを飲んでしまったため、3本とも「うとうと」しながら夢見心地で上映を「体感」してまいりました。まあ、毎年そんな馬鹿をやっている気もします。

かなり昔、レンタルビデオで見たはずの『恐怖分子』は、公視版ニエズで郭老を演じた金士傑さんを意識して見たかったこともありチケットを取りました。意識するまでもなく印象的な役の1人なので、寝ぼけ眼でも十分目的は達せられましたが……。

きょう非常にがっかりしたのは、映画ではなく、渋谷ブックファーストの移転です。もともとあった場所で移転の張り紙に唖然としている人は多かったですが、私もその1人です。渋谷店の新しい店舗(渋谷文化村通り店:109の向かい)はこれまでの規模より小さく、目当ての本はありませんでした。午後11時まで営業している大型書店ということで、欲しい本があると、通り道ではないのに仕事帰りに足を伸ばすこともありましたが、今度の店舗では用なしです。今後はほかの地区にも開店の予定があるようで、そちらを楽しみにしたいと思います。現在の東京の東側の大型書店は、午後9時閉店のところばかりなので……。

楽しいこともありました。文化村通り沿いの立ち喰いそば屋(富士そば)で食べた「アスパラそば」。これは実は、niftyのデイリーポータルZの部活コーナー「ウインナー部」で見た「フランクそば」の姉妹品で、フランクそばと共に富士そばの新メニューです。実態は、リンクしたフランクそばのフランクフルトがグリーンアスパラ2本に代わった形で、かけそば(orうどん)の上に計3本のグリーンアスパラの尾頭付きが長々と横たわる、ヘルシーでちょっと無粋な感じのそばでした。グリーンアスパラの下と脇を固めていたのは、ワカメと煮油揚げと温泉卵。イメージとして非常に新鮮な、面白いそばだと思います。味も悪くなかったです。あ、でも、茹でたアスパラはただの茹でたアスパラとして味が自立してしまっているので、あまり麺や汁と調和するようなものではありません。味の良し悪しは、アスパラそばとしての良し悪しではなく、本来の汁やそばや煮揚げの味に助けられている部分が大きいかもしれません。むしろ、フランクフルトのほうが、そばと融和するかも……。

というわけで、映画の話はせずに終わるTIFF初日でした。

2007.10.15

東京シネシティ フェスティバル2007

こんなタイトルばっかり続いてナンですが……。

TIFF提携企画の東京シネシティ フェスティバル2007で上映される2本のフィリピン映画、特にこのジョエル・C・ラマンガン監督(『愛シテ、イマス。1941』の監督)の『シャシャ・ザトゥーナ』(→映画公式サイト)は"レズ&ゲイSFミュージカル"だそうで、何だか楽しそうです。惜しむらくは、せっかくのフィリピン映画、せっかくのラマンガン作品なのに、ジェイ・マナロが出ていないこと。とはいえ、何かと脳味噌が疲れがちなフィルメックス作品の合間にいかがでしょうか。


さて10月の7~8日の2日間、長い間望みながらタイミングを逸していた山形国際ドキュメンタリー映画祭に、初めて出かけた。キャパが小さいためか朝早くから並んでチケットを整理券に換えておかないと入れない会場もある、ということを知らずに、見るつもりで見られなかった作品もあるとはいえ、各会場の間は近く、落ち着いていて良い雰囲気だった。派手さのないところが短所だという意見もあるようだが、個人的にはその方が好きだ。映画の合間に街中を移動していると、メディアで見かけたことのある顔とすれ違ったり(とはいえ向こうがこちらを知っているはずはない)、憧れの映画監督が近くを通ったりするのがとても嬉しかったりもする。ただ、福岡アジア映画祭などと比べると、映画作家や映画関係者の参加率が高いせいか、あちこちで顔見知りが挨拶しあっている様などを見るにつけ、単なる観客、しかも地元住民でもなく仕事でもないのに金をかけて泊りがけで来ている物好きな一般ファンなどは、少々疎外感を覚えたりもする。ひがみ根性?

見られたのは6作品、正確には5作品とちょっとだった。その「ちょっと」が、今回大賞を受賞した『鳳鳴(フォンミン)― 中国の記憶』。監督は『鉄西区』の王兵。この作品もまた3時間という長さである。実はこれはもう、カメラの前で和鳳鳴という女性が波乱の生涯を語るというだけの映画(多分)だが、そのただならぬ雰囲気に圧倒され、最後まで見なかったことが悔やまれた。アパートの部屋に入りカメラ正面の椅子に腰掛け、合格していた大学への進学を諦めて新聞社に就職した十代のころの話から語りだす老女。微動だにしないカメラは、語り部がトイレに行く間も、その不在の画面を映し続けている。このあたりで「ああ、この映画はきっと最後までこのまま行くんだな。我々は、彼女の人生を彼女から直接聴くことになるのだな」と思う。同時に、監督の作品に対する覚悟みたいなものが、びんと頭の芯に突き刺さってくる。映画なのに「絵」はない(正確には、語り手の「絵」がある)。1人の人間の頭の中にある過去の出来事が言葉で語られ、カメラを介して観客に届く。なのに「絵」以上の、和鳳鳴の来し方の物語という以上の、何かを感じさせる。きっとまた見るチャンスもあるだろう。そのときにはまた考えてみたい。いずれにせよ、今度もまた「体験」させる王兵である。

『鳳鳴(フォンミン)― 中国の記憶』を途中までしかみなかったのは、上映時間が重なるが、どうしても見たいと思い見ることに決めていた作品がその後にあったからなのだが、鳳鳴を中断してまで見た作品はやはりインタビュー形式で、しかし鳳鳴の後ではレベルが違いすぎた。上映中に感じたモヤモヤは、上映後の監督Q&Aによって大分すっきりしたものの、「なかな面白いじゃん」の域を出るものではなかった。

2007.10.06

NHKアジア・フィルム・フェスティバル

第8回の詳細が発表になっていたのですね。→公式サイト

ということで、皆さま(って何人だ?)、大変おひさしゅうございます。TIFFのチケット取得状況はいかがでしたでしょうか?

ワタクシの方は、『遠い道のり』以外は取れました。興味の方向が、どんどんダークサイドに落ちて……いや、地味に傾いてきているので、競争率の高い作品はほとんどなかったのですが……(窓口に10時に出かける根性も元気も全くないので、競争率が絶対に高いと思われたパン・ホーチョンと、『帰郷』だけはプレ・リザーブで取りました)。まあ、『遠い道のり』のチケットに固執するなら、10月10日の朝7時あたりのウェブが狙い目でしょうか?(笑)

最近の生活では、帰宅後の夕食がほとんど毎日午前1時~2時ごろなので、その時間帯に先月BS2でまとめて放映していた『デスパレートな妻たち』がすっかり気に入ってしまいました。テレビドラマ的馬鹿馬鹿しさに満ちた笑いと、テレビドラマ的大げささに満ちたきっつ~いストーリー展開が大変心地良く、日本語吹き替えの台詞まわしも個性的です。3日から始まった新シリーズには、必死で仕事を切り上げて帰宅して見ました。楽しみにしていたもう1本、『アグリー・ベティー』の初回には間に合いませんでしたが……。

トップで書いたNHKアジア・フィルム・フェスティバルには、いつも足を運び損ねてしまうのですが、ことしは必ず『予感』と『京義線』は見ようと思っています。実はこちらも、前回(第7回)作品を先月あたりからNHKBSで放映中で、イラン映画の『こんなに近く、こんなに遠く』やイスラエルの『甘い泥』、一般公開もされたインドの『ナヴァラサ』を見たのですが、どれもが、その地を旅しているかのような気持ちにさせる景色を映し出していて、内容も見応えある素晴らしい作品でした。今月末あたりにもまた放映するようなので、未見の方は、ぜひ『ナヴァラサ』や『こんなに近く……』をご覧になってみてください。

月末からは、浅草中映で『イラク -狼の谷-』もかかります。これだけは、見逃さないようにしなくては……!(笑)

映画祭シーズンに入ります。スペイン・ラテンアメリカ映画祭に行けなかったのが本当に残念ですが、今月からは元気出して出歩きたいものです。チェコ映画祭にも行きます!

« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »