« 2007年 | トップページ | いきなり水滸伝 »

2007.01.02

ひねくれ者ですが

昨日のエントリの不機嫌なこと、失礼いたしました。でも記念(?)なので残しておきます。

幸い自分はめでたく新年を迎えたものの、幸せでおめでたい人ばかりではないはずなのに、平気で「おめでとう」という文字の踊るウェブ上に腹が立ったのが一因。ただのあいさつに過ぎないのに……。

1月1日は地元で一番大きな書店に『荒人手記』を探しに行ったけれど、やはり置いていない。『ブライヅヘッドふたたび』は2冊も置いているにもかかわらず……。人文書などの在庫も豊富な大きい書店でも、やはりローカルだと、最新刊は売れ筋しか置いていないのはどこも同じ。ブライヅヘッドも発行されて少し時間が経ったから出回ったのであって、ビッグネーム以外の新刊は、少し遅れて入荷するのが常だから仕方ないか。

12月31日の河出書房新社の新聞広告に、ついに2007年3月にロレンス・ダレルの『アレクサンドリア四重奏』が発売されるという文字が……(同じ広告にあった新刊行の「世界文学全集」も興味深い)。

年末の近況に書いた大王DVDのロングバージョン情報、消えていってしまうので、忘れないように改めて書いておく。
→"Alexander Revisited: The Unrated Final Cut" (2007年2月27日発売(リージョン1))
日本語の情報もすでにあり。ワーナー・ホーム・ビデオといえば、このところいつもあちこちで『PROMISE』(海外発売版)のDVDジャケットを見かけるたびに、大王DVDに見間違えて、ドキドキしていたのだった。

« 2007年 | トップページ | いきなり水滸伝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/13303990

この記事へのトラックバック一覧です: ひねくれ者ですが:

« 2007年 | トップページ | いきなり水滸伝 »