« 公開日決定 | トップページ | 2006年の印象に残ったもの »

2006.12.24

正月らしく

地上波で放映予定、『アレキサンダー』。1月1日24:50~(TBS)。深夜枠……。

で、たまたまそれとは全く関係なく、『運命ではなく』(ハンガリー系ユダヤ人ノーベル賞作家イムレ・ケルテースの原作小説の映画化)という映画の情報を探していたら、見つけたコダックの日本語サイトの中に、『アレキサンダー』の撮影についてロドリゴ・プリエトが専門的な話をしている記事を発見。
『アレキサンダー』(アメリカ)
壮大なスケールで描くアレキサンダー大王の生涯

少なくとも、ここでプリエトが言っている「観客は熱と汗とほこりを感じ、映画を通して場所と時間を経験するべきなんだ。単なる伝説上のアレキサンダーだけでなく、彼の考え方も共有する必要がある」という点は、かなり良いところまで行っていたと思うが……。

「ガウガメラの戦いについてはオリヴァーがずっと黄色い砂ぼこりのことを話していたんだ。そのシーンをモロッコで白色光の下で撮影したときには、砂ぼこりと太陽両方の感じを伝えるために、タバコ色のフィルターを使った。暖色の映像なのに何となく攻撃的で、見ていて不安になる感じなんだ」

「アレキサンダーの死の直前に行われた戦いの重要な場面で、プリエトはストーンに、史実的な表現からシュールレアリズムに転換することを提案した。「この場面の現実感には別の方法でアプローチできると感じたので、赤外カラーで撮影した。結果は奇妙な幻覚みたいになった。植物がピンクやマゼンタに、血が黄色になり、突然映像ががらりと変わって現実と完全なファンタジーが一体になる」

映像処理が映画の物語表現においてどれほど大きな意味を持っているか、頭に焼き付いている具体的なシーンを挙げて語られると、素人にもいくらかは理解ができる。クリストファー・ドイルの本などでもよくこんなことが書かれているけれど……。

撮影中、プリエトが悪夢に悩まされたというのが、どんな悪夢なのかを考えると(失礼だが)面白い。

ちなみに探していた映画『運命ではなく』は、原題は"Sorstalanság "(英題"Fateless")という2005年のハンガリー/ドイツ/イギリス合作映画。『アレキサンダー』と同じコダックのサイトの記事はこれ。撮影のギュラ・パドスは、この作品でヨーロッパ映画賞の撮影賞を受賞している(エンニオ・モリコーネが作曲賞を受賞)。ベルリン国際映画祭(2005年)でも上映されている、いわゆるホロコーストものだが、いつも(一方的に)お世話になっている、すみ&にえさんのすみ&にえ「ほんやく本のススメ」では原作について面白い紹介がされている→「不届きにもアウシュヴィッツの脱神話化に成功した」一筋縄ではいかないホロコースト小説。これならば、読んでみたいと思う。

で、何でこの映画を探していたと言えば、アノ人がイギリスの軍人役で(多分ちょっぴり)顔を出しているからで……(笑)。そうそう、同じギュラ・パドスが撮った『ホテル・スプレンディッド』も、出演作だっけ。

大王つながりといえば、ほんの主観的なものだが、『レイヤー・ケーキ』の後半に、まるでコリン・ファレルとジャレッド・レトのような麻薬中毒者が並んで登場する。もちろん本人たちより多少見場は悪い。役柄も笑えない(笑)。

このところは、"Infamaous"の、ボンド兄貴とは程遠い、下の「どことなく気色悪い犯人」像に魅入られている。(そうそう、きょう本棚をかきまわしていたら、大昔に見た『名探偵登場』のパンフレットを発見。何とこの映画には、トルーマン・カポーティ本人がメインキャストで登場していたのか。全然記憶になかった)

Infamous1Infamous2

では、画像とともにメリー・クリスマス。

« 公開日決定 | トップページ | 2006年の印象に残ったもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/13178199

この記事へのトラックバック一覧です: 正月らしく:

« 公開日決定 | トップページ | 2006年の印象に残ったもの »