« 近況的 | トップページ | 星々の生まれるところ・続報 »

2006.09.13

オリバー・ストーン版 第3バージョン?

"Director Oliver Stone is planning to release a third version of his failed "Alexander" epic released in 2004"

えええ~~! 本当?

まだ詳しく読んでいないのでわかりません→ソース

ところで、『ワールドトレードセンター』ってどうなんですかね?


【追記】
"Alexander 3rd version by Oliver Stone" は、リリース日程こそ未定のようですが、信憑性はありそうですね。監督が言っているんだから、間違いないか? 3時間40分バージョン。がんばって編集してくれ、監督。

« 近況的 | トップページ | 星々の生まれるところ・続報 »

コメント

真紅さん、shitoさん、コメントありがとうございます。

大人のジョナサンを演じたダラス・ロバーツは、主に舞台で活躍しているようですが、『ウォーク・ザ・ライン』ではなかなか印象的な役どころでした。ジョナサンのイメージが彼にあっているかどうかは別として、ダラス・ロバーツの繊細な印象はかなり好きです。昔のウィリアム・ハートみたいな感じというか……(って、似ているのはデコだけ?)。

そしてshitoさん、申し訳ない! AHATEOTWのDVD発売情報、shitoさんとこが一番早いじゃないですか! 本当に失礼しました。いや、映画館で見たかったですよ、どんな出来であれ。

ジャ・ジャンクー作品で私が最も好きなのは、『一瞬の夢』です。劇場でもみましたが、DVDも持っています。『世界』はなかなかよかったですが、最近のチャオ・タオ主演作よりも、最初期の貧相なニイちゃん、ワン・ホンウェイ主演作の方が、より好きです。 

石公さん、PC復活おめでとうございます! 私も嬉しいです。

さて。真紅さんにも名前を出して頂いて恐縮ですが、そう『イノセント・ラブ』(…)のDVD化は、いちおう私も記事にはしたんですよね。脱力モードですが。
http://blog.goo.ne.jp/ronno/e/dc225dca1c58e517e2d379f8745de9ae
…まあ劇場公開のセンは消えたんだろーな、と薄々わかっていながら、まさかこんなスットコドッコイな邦題付けられるとは予想外でした…。勿論日本語字幕で観れるのはありがたいし、予約はしましたけど。
マイケル・カニンガムの新刊も楽しみにしてます。

ジャ・ジャンクーは観ようと思っているのに今だに作品を観ていない監督です。今度こそ、しっかり観たいと思ってます。(>といっても、Filmexはチケ争奪激しそうで遠慮しますが)


石公さま、お邪魔します。PC完治、よかったですね。どんどん「書きモノ」モード入って下さいませ。
さて。『この世の果ての家』DVD情報ありがとうございます・・。やっと観られるのですね、待ちに待っておりました。
(ジョナサン役の彼が『ウォーク・ザ・ライン』のレコーディングディレクターの彼だとshitoさまのブログで知り、ますます観たい気持ちが募っておりました)。
しかし・・・。何ですかこのタイトルは?(笑)
でも日本版が観られること、本当にうれしいです。
ではでは。私も時々お邪魔させて下さいね。

shitoさん、きょうPCが修理から帰ってきました。

PC不調になってからを合わせると、かれこれ1カ月半ぶりほどの「開眼」というような状態で、ウェブを漂っておりましたら、びっくりしました。

《A Home at the End of the World》はどうやらスルーで日本版DVD発売だそうです。タイトルは、何じゃそりゃ?な『イノセント・ラブ』。
 ↓
Peroさんの「自分の量り売り」
http://www.peros-f.com/cgi-bin/blosxom/blosxom.cgi/gaymovie/a200609081608.html
 
で、上記記事にも紹介されていますが、元ネタは
 ↓
「アートの缶詰め:Daily Art別館」さん
http://dailyart.tea-nifty.com/art_can/2006/08/a_home_at_the_e_d5de.html

だそうです。

で、私は、さきほど今年の東京フィルメックスのオープニング上映作品が《三峡好人》(ジャ・ジャンクー監督)と知って、舞い上がっております。ジャ・ジャンクーは舞い上がって見るような作風では決してないのですが……。

ああ、何も知らないうちに、世の中が動いています。

また遊んでやってください。ここ、ほとんど干からびたサイトなので……。

毎度反応はしようと思ってるのですが、機を逸することが多く…但し今回はしつこく私で、スミマセン(笑)。

>それでこそ、という感じですね

あれだけ世間様にボロクソに言われた映画のロングver.なんて、誰が希望するのか? 俺だよ!by OS …というのがもう、たまんないです。
目出度く発売叶った暁には祝杯あげましょうってな勢いですね(笑)!

shitoさん、お久しぶりです。大王話に反応ありがとうございます(涙)。うれしいです。

ロングバージョンが商業ベースに乗るのかどうかは別として、監督が意志を持っていることは確かみたいで……。

でも販売宣伝は別として、DVDというのは、製造自体はたいしたコストがかからないと聞いていますので、ひっそり発売されたりして……。コアなファンのいくらかでも、原価の何十倍もする価格のDVDを買ってくれるなら、ペイする可能性はあるんじゃないかと……。(←などと、本当の知識もなく適当なことを書いてはいけない)

>そのシブとさ疾呼さに万歳OSです!

全く同感です。それでこそ、という感じですね~。

筋少は、世間がどの程度盛り上がっているかは知りませんが、私にとっては唯一思い入れのあるバンドなので……まあ……妙な感じです。通常の発売日にチケットが取れるのかどうか……。

こんにちわ、石公さん。
反応遅くてスミマセンでしたが、私もコチラで第一報を読んで「えぇぇーーーっ?!(今更ぁ?!)」とのけ反りつつも、一応Imdbのニュースをチェックしてしまいました…。OS未練タラタラなのはわかるけど、そしてディレクターズ・カット長尺版が出るのは大変に嬉しいことではあるけど、それは映画会社お金出してくれるのかしら。と、そういうことが気になるセコい私でした。しかし、そのシブとさ疾呼さに万歳OSです!

関係ないのですが、復活筋少ライヴはかなり熱いファンの友人も人脈駆使しても取れなかった、とショックを受けてました。そんなに盛り上がってるというコトに、ちょっとビックリしてます(失敬)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/11877900

この記事へのトラックバック一覧です: オリバー・ストーン版 第3バージョン?:

« 近況的 | トップページ | 星々の生まれるところ・続報 »