« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.25

額面以上

カズオ・イシグロの『わたしを離さないで』について、感想を書くつもりはなかった(今も書くつもりはない)。面白いものが書けると思えないからだ。

この小説は特に、いろいろなモチーフを含んでおり、それをどう受け取るかは自由なのだが、エンタテイメントではなく「文学」として提示され、それを読む「一般読者」が存在する以上、「特殊な世界」が非常にリアルに細やかに描かれているとはいえ、それは「私たちのこと」を書いているとは考えられないだろうか?

だから、読後の感想は変わったものでは全くなくて、どんな話でも、結局自分は「人間(自分)とは何か」とか、「人生とは何か」とか、「登場人物は自分と同じじゃないか」という受けとめ方になってしまうのだなと、自分の毎度おなじみな感じ方にうんざりすることの方が、この小説の内容についてどうの、というようなことよりも大きかった。最近何を見ても何を読んでも同じ感想になるのは、年齢とともに頭が固くなってきた(=頑固になってきた)証拠かもしれない、などと思っていたのだった。

でも、みんながみんなそうではなかった。だから、こんなことを書いてみたのだが……。

「文芸書」のくくりのなかで売れ続けているこの本の、日本でのヒットの理由は、(ミステリではないが)ミステリの仕立てで、本の中で与えられている謎が徐々に明かされていくところにあるのではないかと思う。アマゾンのレビューなどを読んでも、「特殊な世界を見事に描き出した胸をしめつけられる小説」なんかじゃなくて、「オレらみんなのことを書いた小説」だというとらえ方をしている人は、3人に1人ぐらいである。それ以外の人々は、あの異世界をそのまま受け入れ、主人公に感情移入したり、反発したりしながら、額面どおりの物語に感動しているかのようだ。

この本を読んだ後で頭に浮かんだのは、五木寛之の『人生の目的』(←読んでないけど)という本のタイトルだった。たぶん、新聞広告のキャッチだったかもしれない。

「人生に目的などない」

自分もそう思っている。人の生は、海に浮かぶ泡のように、生まれては消えるはかないもので、ひとたび生れ落ちた人間は、必ず無に帰す人生の虚無感と戦いながら生きる。そして、生きることこそが尊い。我々と、『わたしを離さないで』の登場人物たちと、一体どこが違うというのだろう。

芸術は、上梓されたところから作者の手を離れる。その解釈に正解などない。けれど、どんな「作品」であれ、それが人間を描いているなら、「ある別世界の出来事」として受けとめるのは片手落ちではないのか。『ブロークバック・マウンテン』を、20年の愛の物語だなどと括ってしまう無神経同様に……。エンタテイメントだって、優れたものは、エンタテイメントがつくりだす世界の外にまで、考えを及ばせる力がある。(日本人だけなのかどうかは知らないけれど)、表現されたものをそっくりそのまま受け容れがちなのは、やはり、テレビ放送50年の人間の日々の訓練の賜物?

2006.09.22

近況的2

PC、直りました。修理代は、購入時に入っていた販売店の5年保証でまかなうことができ、財布の方も助かりました。

東京国際映画祭のラインナップも発表になりましたね。「アジアの風」は、相変わらず豪華で、めまいがしてしまいそうです。個人的に残念なのは、TIFFアジア部門のフィリピンの顔とでも言うべき濃い目の兄ちゃん、ジェイ・マナロ(『ブロスティ』『ガガンボーイ クモおとこ対ゴキブリおとこ』『愛シテイマス、1941』)の出演作の上映が、ことしはどうやらなさそうだ、ということぐらいですか? ニエズ・ファミリーも『一年の初め』や『永遠の夏』(←《盛夏光年》)で登場し、ヤンヤン・マク作品も、ボクカレのDJ・チェン作品も、ニン・ハオ作品も、その他、言わずもがなの監督たちの話題の作品が並んでいて、あとは「どれを捨てるか」という悩みを悩むだけですね。まだ、内容は詳しく見てはいませんが……。

それから、コメントの方にも書きましたが、東京フィルメックスのオープニング上映は、ジャ・ジャンクーの《三峡好人》。特に新しいニュースではないのでご存知の方も多いと思います。三峡ダム物(?)というと、どうしても『沈む街』の素晴らしさを思い出さずにはいられません。ジャ・ジャンクー作品の場合、ほこりっぽい場所で生きる現代の若者の乾いた時間を描いているといった印象が強かっただけに、今度の、湿度の高い水辺を舞台にした話がいったいどんなものになるのか、興味をそそられます。

PCがもどってきて、ウィルスのパターンアップデートとWindows更新をかけたあと、ウェブ上をひととおり眺めてから、最初に実行したのは、アマゾンでの4冊のユーズド本の購入です(だって今や流通していない本なんだもん……)。ついでに『変態村』DVDも、やっと予約しました(笑)。

世の中は、某与党の新総裁とか、某やんごとなき「男児」誕生の「祝賀騒動」とか、憤慨することばかりだったりするのですが、近々では、見逃し続けた『エドワード・サイード OUT OF PLACE』が、「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー山形in東京2006」のほか、ポレポレ東中野での上映も決定したとのことで、今度こそは見逃すまいと楽しみにしています。サイードの著書ではなく、サイードへのインタビュー集なのですが、ちくま学芸文庫で出ている『ペンと剣』は、とても読みやすく考えさせられることの多い本でした。『「アメリカ抜き」で世界を考える』もそうでしたが、映画の上映本数1つとっても(というか、特に映画は顕著なのですが)、いかに我々の周りが(戦後ずっと)「米国文化だらけ」であるか、よくわかります。

ハリウッド映画ばかりを見ないように、と思うのですが、その物量的商業的威力は絶大で、アジア映画が気になっているような自分であっても、「次に見たい作品」といって簡単に心に浮かぶのは、やはりアメリカ映画だったりします。そういう意味でも、様々な国の映画を見られる映画祭上映は、とても有難いし、逃してはならない機会であると思っています。

(そんなことを言っていながら、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』だの『エンジェルス・イン・アメリカ』だのに心を動かされていたりしているわけで……)

うーん、やはり近況だ。

2006.09.18

星々の生まれるところ・続報

10月5日『星々の生まれるところ』(集英社)の刊行記念ということで、著者マイケル・カニンガムの講演会があるもよう(9月17日朝日新聞朝刊掲載の集英社の広告より)。

11月8日(水)18:30~
時事通信ホール(東銀座)
特別ゲストは銅板画家の山本容子氏

ウエブでの申し込み先は
http://www.shueisha.co.jp/hoshi

てことは、来日するってことは、きっとどこかの書店でサイン会とかやるんだろうなあ。

2006.09.13

オリバー・ストーン版 第3バージョン?

"Director Oliver Stone is planning to release a third version of his failed "Alexander" epic released in 2004"

えええ~~! 本当?

まだ詳しく読んでいないのでわかりません→ソース

ところで、『ワールドトレードセンター』ってどうなんですかね?


【追記】
"Alexander 3rd version by Oliver Stone" は、リリース日程こそ未定のようですが、信憑性はありそうですね。監督が言っているんだから、間違いないか? 3時間40分バージョン。がんばって編集してくれ、監督。

2006.09.11

近況的

いや、近況欄に書くような内容です。

やっと、PCの修理があと10日~2週間ほどで終わるとの連絡あり。Win95の先代PCは見づらいし打ちづらいしで、ここ2週間以上、自宅PCでは最低限のことしかやっていない。

9月3日に見にいった『ディア・ピョンヤン』は、素晴らしい作品だった。朝鮮総連幹部を父に持つ娘が、映画監督として、父の生き方を中心に、母と、そして平譲で暮らす3人の兄とその家族の過去と今を、まるでプライベートビデオのような、家族ならではの近い位置からの映像と、監督自身のモノローグで綴るドキュメンタリーで(でも、もちんそれはアマチュアビデオのようなものでは決してなく、プロのつくったれっきとした「作品」で)、同じ日本で暮らすある家族の「特殊」で困難な状況(とはいえそういった人々は日本に多くおり、しかもその「特殊」な状況をつくった元凶は、この日本である)を知らしめる社会的な意義とともに、家族や、人間の生きる上での矜持、そして父娘の和解を描いた普遍的な物語として説得力を持っている。

実際、「作られた」泣ける映画などより、よほど泣ける(別に、泣くために映画なんか見にいってないが……)。朝鮮半島、特に北に対する日本(や多くの国)のこのところの空気は、ムスリムの人々に対するそれと同じようになてきていて、そんな中で、この作品が訴えるものはすごく大きいと思う。


きょうは新幹線にのって『グッドナイト&グッドラック』(および『ミッドナイトムービー』)を見てきたのだが、これもまた、実際はマッカーシズムと戦った1950年代の話でありながら、ここに出てくる言葉の全てが、今のアメリカに対する訴えにしか聞こえない。ほとんど劇中劇(劇中テレビ番組)でつないでいく面白い映画で、厳しい社会状況に反して、途中途中で挿入される女性ジャズボーカルの歌声の心地よさ、懐かしさによってもらされる緩急が面白い(歌詞がわかればまた何か考えさせられる部分もあるのかもしれない)。

この映画の中で、後半に挿入されている、米軍がマッカーシーとロイ・コーンを訴えたときの、コーンに対する「あなたには節度というものがないのか」という裁判の映像の中での台詞は、『エンジェルス・イン・アメリカ』でも、ルイスがジョーに対して言う台詞として転用された有名なものだという。

ことしも行われる「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー」で、見逃してしまった『OUT OF PLACE』を見られることがわかって、大変楽しみです。

【追記】
おおー、ベネチアの金獅子賞はジャ・ジャンクーですね(《三峡好人》)→CNNの記事。嬉しい。映画祭の公式サイトも、見られる状況じゃないので全然何が何だか……。『ブラックダリア』(←これまた楽しみ)が開幕作品だったということぐらいしか知りません。あ、スティーブン・ フリアーズ監督『ザ・クイーン』は、客本性と、主演女優賞です。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »