« 一足お先に遭遇 | トップページ | 近況的 »

2006.08.29

星々の生まれるところ

以前、雑記事の中で書いたことのある、「酷評されていた」マイケル・カニンガムの新作 "Specimen Days"が、『星々の生まれるところ』というタイトルで集英社から10月に発行される。南條竹則訳。

日本語での内容紹介は、「本やタウン」の予約ページが最も詳しいようだ。3部構成でこんな感じっていうのは知っていたけれど、日本語で改めて紹介されると、こりゃまたほとんど『めぐりあう時間たち』と同じようなつくり。ホイットマンが3パートをつなぐ、「SF版めぐりあう時間たち(ゲイバージョン??)」という感じ?

Specimendays

画像は原書表紙→amazon

« 一足お先に遭遇 | トップページ | 近況的 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/11661708

この記事へのトラックバック一覧です: 星々の生まれるところ:

« 一足お先に遭遇 | トップページ | 近況的 »