« Lust, Caution(色,戒) | トップページ | 凝固中 »

2006.07.27

世界はつくりもの

近況にも書いたけれど、7月19日号「ニューズウィーク日本版」は海外ドラマの特集で、『エンジェルス・イン・アメリカ』も写真を含み5ページに及ぶ記事が載った。原作者(戯曲)トニー・クシュナー、テレビドラマ版の監督であるマイク・ニコルズと、出演者4名(アル・パチーノ、メリル・ストリープ、エマ・トンプソン、ジャスティン・カーク)が一同に会した形でのディスカッション(というか「おしゃべり」)を収録。

先にこのドラマの原作戯曲(舞台のための脚本)の第一部(トニー・クシュナー作、吉田美枝訳、文藝春秋刊)を読んでいたので、ドラマ版が、この戯曲をそっくりそのまま映像化していたのに驚いたが、ニューズウィークの記事でも、面白いと思ったのはそのあたりの会話。

クシュナー (監督の、ドラマ化についての発言を受けて)完璧な映像だよ。脚本は自然体には程遠い。舞台用だからセリフは大げさだ。でも、ごく自然なドラマになっている。

ストリープ こういう作品に出ると、つくづく映画って野心が足りないと思わされるわね。

パチーノ 映画では「自然体」に束縛される。

トンプソン 「自然体」は演技の必須条件じゃない。だからこそ『エンジェルス』は、役者みょうりに尽きる仕事だった。

(7月19日号「ニューズウィーク日本版」より引用)


« Lust, Caution(色,戒) | トップページ | 凝固中 »

コメント

ぐりさん、コメントいただいていたのに、今ごろになってしまいすみません。

いや、ずっとこのドラマに関する(レビューではない)記事を上げようと思っていたのです。それを上げてからコメントを、と思っていたのでずっと放置するような状態になってしまっていたのですが、何せ、文を書く脳が固まってしまっていて、取り合えず、記事をアップしてから、というのはあきらめまして……(笑)。

ドラマは本当に見応えがありますので、ぜひ見てください。ドラマ(というかこの芝居)自体、「自然体」とは程遠いのに、素晴らしいです。

このドラマ観たい観たいと思いつつまだ観てません。
本が出てるんですね。
元の戯曲は前半部分だけずいぶん昔に舞台で観たことがあるんだけど、たぶん今観たらまたぜんぜん違ったように感じるんだろうな・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/11113562

この記事へのトラックバック一覧です: 世界はつくりもの :

« Lust, Caution(色,戒) | トップページ | 凝固中 »