« エディンバラもしくは狐の祝言 | トップページ | 地下鉄がくる »

2006.06.21

霧暗2

《RED EYE》は公開されてなかっただろうか? これはDVDスルー? →『パニック・フライト』。ちなみにプルート……は公開翌日に見たのだけれど、天気が悪かったということもあるかもしれないが、混雑覚悟で出かけたら、あにはからんや劇場は非常に空いていて不安になってしまった。今はもう大丈夫?

『ファザー、サン』は、「アレクサンドル・ソクーロフ DVD-BOX」として、『孤独な声』、『日陽はしづかに発酵し・・・』とともに8月26日発売。うーん、『マザー、サン』も入れてほしかった。かろうじて5月に劇場で見たのだけれど、『マザー、サン』を見ると、『ファザー、サン』の見え方が変わると思う。

この閑古鳥サイトのアクセス・ログ、検索ワードのナンバーワンが、もうここ1~2カ月ずっと『変態村』なんです。映画の方はまだ、ゆうるりと全国を回っているらしく、7月も8月も、公開される地域がまだまだあり、地鳴りのように不気味で地味な変態人気が全国に蔓延しているようだ(?)。検索している多くのみなさん、探している(待っている)のは、きっと自分も同じ、DVD発売情報ですよね?  (監督コメンタリー、ついたりすると非常に嬉しい)

« エディンバラもしくは狐の祝言 | トップページ | 地下鉄がくる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/10615999

この記事へのトラックバック一覧です: 霧暗2:

« エディンバラもしくは狐の祝言 | トップページ | 地下鉄がくる »