« ジャージ、隣人、バスの若者 | トップページ | 中華風西部劇 »

2006.05.13

キスシーン賞最有力!?

"MTV Movie Awards 2006(MTVムービー・アワード2006)"の受賞者が6月3日に決定する。MTV主催で1992年から開催されているこの賞の面白いところは、すべて一般のファンの投票で決まるというところと、通常の作品賞や俳優の演技に対する賞のほかに、"Best Kiss(キスシーン賞)"とか"Best Villain(悪役賞)"とか"Best Frightened Performance(恐怖演技賞)"とか"Best Fight(バトル賞)"などという変わった賞のあるところ。

(詳しくは allcinema ONLINE の「MTVムービー・アワード」の解説ページ(トップページの左サイドバーのリンクより)などをご覧ください)

で、この賞のからみで米国のギャンブル情報サイトに、「『ブロークバック・マウンテン』、MTVキスシーン賞なるか?Can Brokeback Mountain take Best Kiss at this year's MTV Movie Awards?)」という記事が出た(笑)。なぜギャンブル情報サイトかというと、米国にはオンラインで賭けをオーダー(?)できるサイトがあるらしく(記事中にはそのウェブサイトへのリンクがある)、この賞も賭け対象となっており、オッズが発表になっているからである。(この賞に限らず、競馬とかスポーツといったよくある賭け対象のほか、『ダ・ヴィンチ・コード』の全米初登場のBOX OFFICEがどうなるかを賭けるものまで存在する)

リンクした記事にあるように、ことしの"MTV Movie Awards"の"Best Kiss(キスシーン賞)"のノミネート作のうち『ブロークバック・マウンテン』は、他の追随を許さず断トツの一番人気。記事の中からオッズの部分を書き出してみると……

ジェイク・ギレンホール&ヒース・レジャー~『ブロークバック・マウンテン』 / 1 to 6.67
タラジ・P・ヘンソン&テレンス・ハワード~《 Hustle & Flow 》 / 4 to 1
アナ・ファリス&クリス・マーケット~《 Just Friends 》 / 6 to 1
アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット~『Mr. & Mrs. スミス』 / 6 to 1
ロザリオ・ドーソン&クライヴ・オーウェン~『シン・シティ』 / 4.5 to 1

ということなのだが、自分はこの右側のオッズの数字の見方がわからず、さっぱり意味不明だったので調べてみた。

BBMのジェイクとヒースのキス・シーンは "1 to 6.67"で、これは「 6.67賭けると1増える(もうかる) 」ということらしい。賭け金の単位は1ドルなのか100ドルなのかよくわからないが……。2番人気の《 Hustle & Flow 》のタラジ・P・ヘンソンとテレンス・ハワードのキスシーンは "4 to 1"で「1賭けると4増える(もうかる)」の意味。『シン・シティ』のロザリオ・ドーソンとクライブ・オーウェンのキス・シーンは "4.5 to 1"。「1賭けると4.5増える(もうかる)」わけで、大きな数字が先に来ている場合は、単純に大きな数字が「倍率」というイメージでいいようだ。逆にBBMのように1が先に来ているオッズは、非常に人気が高い(から賭けとしてはもうからりにくい)わけで、こんな数字にも、米国でBBMがいかに話題になったかがよく表れている。

ついでにすごく気になるのが、キス・シーンを演じている俳優の名前の表記順……。(だって、ほかの映画、みんな女優さんが先なんだよ。これ、どういう意味だよ。気にしすぎか?) MTVの公式サイトも同様の表記→Best Kiss。(リンクした公式ノミネートのページでは、各映画のキス・シーンが見られる)

ほかに"MTV Movie Awards 2006"では、BBMは"Best Performance(パフォーマンス賞)"でジェイク・ギレンホールがノミネートされている。作品賞にはノミネートされず、俳優部門もヒース・レジャーじゃないあたり、若い人たちの人気投票という色合いが強いというこの賞ならでは、ということか。面白いです。

※2006年の全部門のノミネート→MTV JAPAN.comのシネマニュース。(MTVの米公式サイトでは、投票もできる)

MTV JAPAN.comによると、授賞式は6月24日(土)22時~25時にMTVでオンエア予定とのこと。セクシー演技賞でノミネートされているジェシカ・アルバが司会を務めるというニュースも出ていた。セクシー演技賞には、ジェシカのほかに『SAYURI』でチャン・ツィイーもノミネートされている。個人的には、ヒーロー賞と悪役賞を『バットマン・ビギンズ』になどと思うが、このジャンルは強敵が多いから難しいところだろうなあ。

« ジャージ、隣人、バスの若者 | トップページ | 中華風西部劇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/10045104

この記事へのトラックバック一覧です: キスシーン賞最有力!?:

« ジャージ、隣人、バスの若者 | トップページ | 中華風西部劇 »