« 祝・退役 | トップページ | ベルリン2006閉幕 »

2006.02.16

文庫の美観

E・アニー・プルー『ブロークバック・マウンテン』(集英社文庫)。昼休みに職場近くの小さな書店で発売されていた。

まあ、表題作1編しか収録されていないのは、原書ペーパーバックも同様だし、著者も承諾していることなのだろうから仕方ないけれど、やはりワイオミングの11のランドスケープの中の1つとして見てみたかったなあと……。待っていますので、いつか必ず"Close Range"を出版してください、集英社さん。

それにしても、あの字のでかさは、書物の美学に反するかと……(←大げさな)。本来の作品の分量の問題は理解するけれど、「短編小説」ではなく、まさに「映画の原作本」です、という仕様だね。

というようなことで。でも、出版されただけでありがたいと思おう。

« 祝・退役 | トップページ | ベルリン2006閉幕 »

コメント

亮香さん、勝手にコメントの一部を削除してごめんなさい。ここに来るほんのわずかのみなさんは、結末など知っているだろうし、実際私はまだ原作の文庫本を買っただけで読まずに我慢していますが、以前ご紹介した金原瑞人さんのサイトで、BBMのあらすじを読んでしまっているので、話の大まかな流れはわかっています。が、やはりどうしても、万が一何の情報も入れていない人の目に止まることがあったら、直接的な書きかたはまずいかなと神経質になってしまったもので……本当にお許しください。

さて、その問題の「結末」ですが、原作本に目を通していない私が言うのもなんですし、削除しといて何だよという感じかもしれませんが、それは「結末」というよりはむしろ、「顛末の一部」だというふうに私には思えます。金原さんのサイトで読んだ、"Close Range"のほかの10のお話も、荒涼としていて、少し不思議で、人生の不運と死に満ちたものばかりです。そういうエピソード群の中の1つがBBMなわけで、その中で物語を読解するなら(←って、映画も本も読まずに言うな(汗))、「やっぱり」感は薄らぐと思うのです。物語性に重点を置いた話ではない……というか……。

このあたりは、ちゃんと映画や原作をこなしてから、もう一度考えなきゃいけませんね。

石公さま、すみません、こちらにもお邪魔してしまいます。「Brokeback~」原作本を読んでまず思ったこと。“やっぱり・・“。各メディアで取り上げられているホットな映画の結末について言及された記事を余りみないものでついのこのこ出て参りました。普段映画を観る前に原作は読まない方なのですが、最初の太字の文章に目を奪われ、いっきに読んでしまいました(確かに短いです)。4日に映画を観てから、この又か・・の結末に至るドラマがどう描かれているのか興味津々のこの頃です。

米塚様、修正のお知らせをありがとうございました。

出版事情につきましては、了解いたしました(笑)。私はまだ『シッピング・ニュース』(何度もしつこいですが、ハードカバータイトルの『港湾ニュース』という邦題の方が好きです)しか読んでおりませんが、短編集出版のためなら『オールド・エース』も買いましょう。『シッピング・ニュース』の上岡伸雄さんの訳によるものですが、この際『アコーディオンの罪』も買いましょう。

プルーの読者としては、"Close Range"はもちろんのこと、"Bad Dirt"もいつか日本語で読める日が来ることなど祈るばかりです。

『ブロークバック・マウンテン』翻訳者の米塚でございます。ずっとご注目いただきましてありがとうございます。

修正がございますので申し訳ありませんが私のサイト
http://www2.gol.com/users/yonezuka/
ご覧いただけないでしょうか。なにとぞよろしくお願いいたします。

薄さ等々については…
出版をお願いしてから、映画が受賞してようやくOKが出るまでに、一年かかりました。プルーの前二作の売れ行きが…というのが最大の理由です。
短篇集は出版社の営業的にとても厳しいのですが(ブルーの短篇集は過去に何度も持ち込みしたことがあります)、文庫が売れて、前作の在庫もはけたら可能性があるかも知れませんし、ぜひともそうなってほしいと祈っています。
取り急ぎ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/8687307

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫の美観:

« 祝・退役 | トップページ | ベルリン2006閉幕 »