« 本日記者会見 | トップページ | 今週と先週と »

2006.01.29

思わず引き込まれる

昨晩、NHKBSでやっていた『流れる』(頭30分はNHK本体のヘッジファンドのアレを見てました)。そういや、今は、テレビドラマは連続だろうが、単発だろうが全く見ないのでわからないが、昔のテレビドラマってみんなこんなだったよなと思う……。川端と路地の風景のほか、ほとんど室内の台詞のやりとりのみで進行する(決してミニマルではないが)ミニマルな印象の映画なのに、このただならぬ吸引力は、演出と編集と脚本のすごさ、なんだろう。別に面白い話じゃないのに、目が離せなくなってしまうのだ。最初は、出てくる人出てくる人、大女優ばかりであっけにとられて見ていたはずが……。しかも皆、名演。そして、栗島すみ子とか、賀原夏子あたりの脇がまた、強烈なインパクトだ。いや~、すごい。

このところ本当に、断背山の検索でのアクセスが多い。でも、検索からのアクセスというのは……自分を振り返ってみてもわかるが、たくさんの検索にひっかかったサイトの中から、例えば気になる10サイトにアクセスしても、真剣に読むのは1~2サイトが良いところだ。RSSリーダーに何百サイト登録してあったって、本当に好きで読んでいるのは数サイトだったりする。アクセスカウンタなどは、ある程度標準的な仕様というのはあるにせよ、カウンタ・プログラムを作る立場になって考えてみればわかるが、どういうアクセスを1カウントと数えるかによって、その数値の上がり方は全く違う。1日数千、数万アクセスという大サイトなら話は別だが、1日数十から数百アクセスといったレベルの一般的な個人サイトにあって、カウンタやアクセス数などというものは、自分の励みになるという程度のものであって、数値的には余り意味がないと思っている。たぶん、好意あるいは悪意を持って真剣に読んでくれるアクセスというのは、日々のアクセス数の1~5%ぐらいなんだろう。そして一番真剣かつ頻繁なアクセスをしているのはきっと自分だろうというのが、最も情けないところなのだが。

自分はここで(ブロークバック……が長いので)勝手な略称(愛称)として「断背山」と書いているが、ご存知のごとく香港・台湾での公開タイトルは"斷背山"である。大陸では、公開されるのかされたのかわからないが"断臂山"(八面六臂の「臂」)である。気になって海外を見てみたら、さすが長いタイトルをつけるのが好きなフランスは、"Le Secret de Brokeback Mountain"(~の秘密)。イタリアの"I segreti di Brokeback Mountain"、ブラジルの"O Segredo de Brokeback Mountain"なども同じタイプだった。そういえば昨日(28日)の朝日新聞夕刊には、李安のゴールデン・グローブ受賞の写真と「台湾の光」という記事が出ていた。米アカデミー作品賞でもとったら、大変なことだな。(昨日の新聞で一番気になったのは、(朝日では地方版扱いの)この馬鹿な話題(リンクは毎日)。もっともニュートラルであるべき行政が何を言うか(って、あんなチヂを選んでいる都民が悪いのね))

珍しく、試写会に当たる。『ジャーヘッド』(2月6日)。この手の映画は、原作を読んでから見る方がよくわかる気がするが、問題は段取りの悪い自分が開映時間に間に合うように仕事を切り上げられるかということだ。

【追記】

中国での断背山上映はなし、というニュースが一昨日すでに出ていた。反日感情を煽りそうだという理由で『SAYURI』も上映される可能性は低いとのこと。うーん。

以下は映画監督組合賞での監督と俳優(28日)→ロイター
abc_dga

« 本日記者会見 | トップページ | 今週と先週と »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/8393184

この記事へのトラックバック一覧です: 思わず引き込まれる:

« 本日記者会見 | トップページ | 今週と先週と »