« 色とりどり | トップページ | イスマイル・マーチャント最終作 »

2005.11.22

ファザー、サン 公開決定

きょうは『霧笛』を見てきたのだが、ちょっと自分のせいでショックなことがあり、あまり映画に身が入らず。何も書けません。反省。(昨日見た『サグァ』はすごかったので、後で何か書ければ書いてみたい)

さて、まだリンクも何もないですが、パンドラのHP(新着情報参照)によると

●アレクサンドル・ソクーロフ監督作品「ファザー、サン」 2006年初夏、ユーロスペースにて公開決定!!

だそう。やった~。あの、フィルメックスの日本語字幕付きで見てさえも何だかわからなかった、全編映像詩と言えるようなひたすら美しい映像と、ひたすら美しい父ばかりが印象に残っているくだんの作品に再びチャレンジできるとは、この上なき幸せ。


【追記】(2005/11/23)
米国での公開を12月9日に控え、ずっとComingSoon状態だった『ブロークバック・マウンテン』のサイトがオープンしたよう。カントリー満載の音楽も良いし、壁紙がまた……。会社PCの壁紙は、サリッサひしめく美しい大王軍の遠景から、ジャックのシャツになるのか?

« 色とりどり | トップページ | イスマイル・マーチャント最終作 »

コメント

ひでさん、こんばんわです。

フィルメックス、ことしも見応えのある地味&強烈な作品揃いです。フィルメックス作品にしては珍しく(←失礼?)、今年は「既に公開が決まっている」という声をいくつか聞きましたので、新作であれば、ひでさんがご覧になるチャンスもあると思います。

しかし、かくいう「ファザー、サン」も確か一昨年のフィルメックス上映作品。公開するとか言いながら、やっとやっと来年公開の情報が出ました。

そのフィルメックス、ことしは何だか空席が気になっています。いつもなら香港映画あたりは「爆満」状態だったりするのに、ことしは席が空いている。また、ほかの作品も、平日昼間ならまだしも、休日や平日夜なのに空席がある。……何だか先が心配になってきます。


>ソクーロフ作品は「エルミタージュ幻想」しか見たことがないので語れないのですが

私も語れませんです、全く。ことし新文芸座のオールナイトで上映された「マザー、サン」を見損ねたことが残念です。……で、「太陽」でしたっけ(?)昭和天皇モノは、これも確か日本では公開されると、どこかで見た気がするのですが。

石公さま、こんばんは。
こちらはフィルメックスを見に行く暇が全くないまま今月が終わりそうな感じです。

ソクーロフというとイッセー尾形主演の昭和天皇の映画がありますが、あれは果たして公開されるのか少々心配になってきます。もっとも公開されたらされたで街宣車が来てしまったりスクリーンを切る馬鹿者が出る馬鹿者がでるのではという余計な心配もしてしまいますが。ソクーロフ作品は「エルミタージュ幻想」しか見たことがないので語れないのですが、かなり哲学的な映画を撮られる方らしいと聞いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/7268070

この記事へのトラックバック一覧です: ファザー、サン 公開決定:

« 色とりどり | トップページ | イスマイル・マーチャント最終作 »