« ネット環境下は財布に厳しい | トップページ | 断背山原作シノプシス »

2005.09.25

映画祭ばなし 続き

東京フィルメックスも、早くも9月28日夜にラインナップ発表とのこと→事務局だより。サイトも、上映作品などまだなくても、こちらは既にいろいろ充実している。片やTIFFの方は、英文版の方がまだいくらかきちんとしているようなので、スケジュール等そちらで確認した(しかしあのサイトのフレームの小ささと動作の不自由さは、携帯電話のフルブラウザからのアクセスの便宜のためのものだろうか? きっとことしも、去年作品上映前にさんざん見せられたCMの会社がスポンサーなのだろうし……などと勘ぐってみたりもする。携帯電話のフルブラウザ、使ったことがないから、単なる憶測だけど)。それでも、映画祭でしか上映されない作品が見られるのは、本当にありがたい。タイ映画『ミッドナイト、マイ・ラブ』あたりも、とても楽しみにしている。

フィルムセンターでの「ポーランド映画、昨日と今日」の特集も行けないうちに、本日で終わってしまった。作品紹介を読んでいて、上映作中の最も新しいもので内容も興味深く、ぜひ見てみたかった『笞(むち)の痕(あと)』(2004年作品)すら見損ねたのだが、ラッキーなことに、これが東京国際女性映画祭で上映されることを発見した。問題は上映が平日昼間だってことだけ……。この映画祭の上映作は気になるもが多いのだが、毎度、スケジュール的に足を運ぶのが不可能だ。TIFFの別の協賛企画のフランス映画の特集上映(朝日新聞×横浜シネマテーク フィルムフェスティバル 「フランス映画への旅」)なども気になるが、コリアン・シネマ・ウィークもみんな、同じ期間にやるからねぇ。どれも行けずに終わるんだろうなぁ。

« ネット環境下は財布に厳しい | トップページ | 断背山原作シノプシス »

コメント

@ゆうこさん、お久しぶりです。こんばんわ。書き込んでいただけて嬉しいです!

ニエズは、原作の邦訳版(国書刊行会「罪の子」)の発刊が本当に待ち遠しいですね。

TIFFについては、私は現在、「モンゴリアン・ピンポン」と「ミッドナイト、マイ・ラブ」と「レター・オブ・ファイヤー」と「愛シテ、イマス。1941」の上映スケジュールの四すくみに頭を悩ませています。この4作、何としても見たいのに、あちらを立てれば、こちらが立たず……。 って、台湾映画じゃないですね(笑)。

ニエズに自ら出演している王明台監督の「恋人」(ベネチア上映作品でしたね)は、うーーん、タイトルからして興味がない系なので、しかもアイドル藍正龍クンも出ちゃってるし見るのはやめるかとか思って……(←へそ曲がり)。いやむろん、「月光の下……」と「無米楽」と「非婚という名の家」は見るつもりでいます。

フィルメックスには、「沈む街」の章明監督の3作目(「結果」)が上映されることがわかり、先ほどから興奮していたところでした。2作目(「週末の出来事」)も、現代中国映画上映会で10月に取り上げてくださるようなので、ぜひ足を運びたいと思っています。あ、これも大陸映画で台湾ではなく……。失礼しました。

また気が向かれましたら、遊びに来てください。このところリアルに忙殺されていて、まともな記事が書けないのが辛いのですが。

すっかりロムばかりでごぶさたです。
最近はニエズ(原作)を単語で追っています
(読んでいるレベルには程遠いので)

で、東京国際HP
うちの古PC&ダイアルアップでもお手上げです。
アニメももちろんTIMEテーブルも表示不可能
むしろ某雑誌を買えって事かと・・・・・・。
某社のフルブラウザじゃ見るのも無理だと思う。

個人的に台湾電影ルネサンスは楽しみです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/6116545

この記事へのトラックバック一覧です: 映画祭ばなし 続き:

« ネット環境下は財布に厳しい | トップページ | 断背山原作シノプシス »