« 『セブン ソード』9月公開 | トップページ | 僕の恋、彼の秘密 »

2005.08.14

さらに映画祭が

まだまだあります、映画祭。

9月2日(金)~9月11日(日)東京日仏学院にて、ブラジル映画祭2005開催。 (プログラムG、肉屋のオヤジの横顔を見つめるアニキの妖しいこと……)

本日、新宿のDVDショップにて『アレキサンダー』DVDの店員手書きポップの大変面白いのを見つけ、すっかりお気に入りに。

金髪19歳のコリン・ファレルasアレキサンダーがしりあがり寿風の絵で描かれており、横に「コリン・ファレルの気色悪さは必見!!」とある。その不気味なイラストに、思わず見蕩れる自分が……。

あの19歳のコリン・ファレルは、冷静に見れば確かに、野球マンガに出てくる長島茂雄のように青々とした髭剃りあとに金髪を乗せ母の膝にうずもれるという、気色悪いことこの上ない風体だ。まあ、それも一興(爆)。

どんな売り方でもいいから、がんがん売れてくれ。文句たれようが、買ってくれればそれで1本。世界中で売れて、そして監督よ、もっと別の編集版DVDを出してくれ。

« 『セブン ソード』9月公開 | トップページ | 僕の恋、彼の秘密 »

コメント

ひでさん、私も新宿へ行くと、あの紀伊国屋のビルのDVDの売り場と、路をはさんだ裏のフォレストを何度も行ったりきたりして、DVDを購入します。

もちろん、あのポップを見た日には、フォレスト店頭でデモ上映されている「アレキサンダー」を、弟子の仕事を見守る植木屋の棟梁のように、下から仁王立ちで見上げて参りました(笑)。いや、モニターの位置が高いのと、おっしゃるとおり、すぐ隣に並んだモニターに別の作品が流れているので近くに行かないと声が聞こえないのとで、「真下で見上げる」はめに……。

日本語吹き替え版ではなかったのが、ちょっと残念でした(←まだ日本版DVDで本編を見ていない)。

紀伊国屋新宿本店のDVD売り場は表示価格の一割引で買えるので重宝しています。新宿本店の裏の紀伊国屋フォレストにもDVD売り場はありますが、新宿本店だと国別、監督別にまとめているコーナーがあり、個人的には新宿本店のほうが好きですね。ただ、今の間だけだと思いますがフォレストだと「アレキサンダー」上映中なんですよね、店内で・・・。「ゴジラ」と「ドッジボール」の間なので音声は全く聞こえませんが。

ひでさん、こんばんわ。

いや、ご存知だったんですね~、紀伊国屋。ついさっき、昨晩ひでさんがshitoさんのところで既に同じことをコメントされているのを見て、びっくりしました! あのポップは、小さいながらもインパクトがあり、見ると何か言いたくなりますよね(笑)。

DVDを店頭で買うときには、地元の店のほかは、あの新宿の紀伊国屋のDVD売り場で買うことが多いです。

ブラジル映画祭もなかなか興味深い内容ですね。夏の終わりはいそがしくなりそうです。

紀伊国屋のDVD売り場のあれ、御覧になったのですね(笑)。確かにあの格好でアンジェリーナ・ジョリーに膝枕するコリン・ファレルは不気味というか何というか。そんなところに目をつける紀伊国屋の店員もただ者ではないですね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/5471517

この記事へのトラックバック一覧です: さらに映画祭が:

« 『セブン ソード』9月公開 | トップページ | 僕の恋、彼の秘密 »