« 少女はがさつでぶっきらぼうじゃなくっちゃ | トップページ | ポーランド映画 昨日と今日 »

2005.08.24

気になる発売予定DVD

8月なのにずっと仕事が忙しい。土日は休めているので、がんばって出かけているが、それも今週は危ういかもしれず……。今週は絶対に『南極日誌』と『愛についてのキンゼイ・レポート』を見にいこうと、めずらしくも既に前売りを購入し気合いを入れているのだが、どうなることやら。

ということで、大した記事も書けないので、気になるDVDなどを挙げてみる。

シルビア・チャン監督の《20、30、40》は、確か公開予定だった気がするのだがDVD発売情報を発見。タイトルは『20.30.40の恋』で10月26日発売予定。これはもしや公開なしのスルー? でも豪華なキャストというだけで既に嬉しい作品。

そして、ついにファスビンダーのDVDボックスが……。『13回の新月のある年に』も、『ケレル』も見られる! 
 ●ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーDVD-BOX I(9月30日発売予定)
 ●ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーDVD-BOX II(10月22日発売予定)

MUSA -武士- ディレクターズカット完全版』などというDVDも10月7日発売予定で、「既発版より21分も長い」と説明されているが、気になる。そういえば、つい最近『清風明月 特別版』DVDの雑誌広告を見たが、「豪華20分特典映像」などと書かれていて、「20分って豪華なのか?」と思わず声が出かかった(笑)。しかもチェ・ミンスのインタビューのみ20分。そう思うと『アレキサンダー』の映像特典って、あれでもマシな方なのだろうか??(笑)

発売予定とは関係ないが、今単に見たいと思っているDVDは『コールドマウンテン』、『情婦』(ワイルダー)、『シカゴ』、『ブギーナイツ』といったところ。『コールドマウンテン』は、『虹の彼方に』(出雲まろう責任編集)中の評によって大変興味を持っているので、何とか早く見たい。『情婦』はむか~し見ているはずなのだが。

『ある日、突然。』もぜひ、サントラ付の限定版を買いたいものだなあ……。

« 少女はがさつでぶっきらぼうじゃなくっちゃ | トップページ | ポーランド映画 昨日と今日 »

コメント

ひでさん、おはようございます。
「アレキサンダー」の戦闘シーンが残虐だ何だという声も聞きましたが、そういう意味で最も凄いのは、私が知っている中では「MUSA -武士-」だと私は思っています。切り落とされた身体の一部分が画面を飛んでいたりしますし。もちろん、そういう「本当っぽさ」(リアルとはちょっと違う気がする)も含め、MUSA、好きな作品です。……だからといってディレクターズカット完全版を買いたいかというと、それは微妙なところで、「ちょっと見てみたいなあ、気になるなあ」というところに留まるわけでして。

「アレキサンダー」の特典は、何といってもくやしいのは、海外版には既に付いている監督&ロビン・レイン・フォックスのコメンタリーが日本版に付かなかったということですね。今やありえませんが、やっぱり俳優のコメンタリーなども聞きたかったです(まだ、そんな死んだ子どもの年齢を数えるようなことを言っているのかと、笑われそうですが)。

石公さま、こんばんは。
「Musa」は映画館で見て結構面白かった作品なので、ディレクターズカットは見逃せませんね。21分長い分、どんな映像が追加されているのか、既存版をレンタルして見比べてみるのも一興かと。

特典DVDですが、20分のインタビュー映像のみという物に比べると「アレキサンダー」のほうがましにみえますね。ただ、やはり特典と言うからには色々つけてほしいところですが・・・。「アレキサンダー」もいつかコレクターズ・エディションと称して色々とつけて出してくれることを祈るとしますか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/5610127

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる発売予定DVD:

« 少女はがさつでぶっきらぼうじゃなくっちゃ | トップページ | ポーランド映画 昨日と今日 »