« 鏡に映ったのは | トップページ | 盆つれづれ »

2005.07.08

ラストランナー

いつも精力的な書きっぷりの「藍空」のフェイユイさんから、ついにまわってきたのが「映画のタスキ」とかいうやつです。映画関係のバトンは知ってる限りでも3種類ぐらいあり、フェイユイさんからいただいたのは通称「タスキ」で回っているものだと思います。今ごろになってしまいましたが、フェイユイさん、ありがとうございます。

ただし、自分は基本的にロムラー体質が抜けず、RSSリーダには200ぐらいブログが登録してあるにもかかわらず、ものぐさで交流しないため、このタスキは自分のところで終わりです。人生と同じ。遺伝子犬死状態(笑)。つまり、自分が気に入っていつも読んでいるブロガーさんたちは、読んでいることを知らせていないので、ここのことも石公自身も知らないはずで、タスキをつなぎようがないのです。ブロガーの風上にも置けぬ奴です。まあ、映画のタスキは、ほかの枝が伸びていくはずですから、よしとしてください。ごめんなさい。

1.過去1年間で一番笑った映画
 
  ライターをつけろ 

(次点は「先生、キム・ボンドゥ」と「オー! ブラザース」)


2.過去1年間で一番泣いた映画

  なし

(感受性が鈍いのでほとんど泣くことはない。泣くのは、三益愛子の母モノと名犬ラッシーぐらい)


3.心の中の5つの映画 

  タクシー・ドライバー (マーティン・スコセッシ監督)
  風と共に去りぬ (ビクター・フレミング監督)    
  ブラザー・サン、シスター・ムーン (フランコ・ゼフィレッリ監督)
  未来世紀ブラジル (テリー・ギリアム監督)
  奇跡 (カール・ドライヤー監督)

ブラジルを除き、ほかはみな1970年代に見た作品。メジャーばっか……。1980~2000年の20年間はたぶん劇場ではトータル20本ぐらいしか映画を見ていないはず。内容的には、孤独な人間が大勘違いなことをしでかす話というのは割合好きですね。並びは思い入れの強い順。

4.見たい映画

  Brokeback Mountain (アン・リー監督)
  Where The Truth Lies (アトム・エゴヤン監督)
  世界 (ジャ・ジャンクー監督) 
  明日に流れる川 (パク・ジェホ監督/1996年作品)
  [薛/子]子 (虞勘平監督←読めない/1986年作品)
    
そして、ポン・ジュノ監督とパン・ホーチョン監督の新作を見ることができる日を楽しみにしています。

« 鏡に映ったのは | トップページ | 盆つれづれ »

コメント

ウーさん、どうもです。

いやぁ、明日に流れる川はもう、もし日本国内で上映されるところあらば、どこへでも参ろう……ってな感じですが(笑)。CS系ならだいぶ放映されてるようなんですが、契約するつもりはないし、できればフィルム上映を見たいし。

もし映画を10本選べと言われたら、残りの5本には、中国のあの、膨らみゆく男が作った公園映画が入ることは間違いないんですが(爆)。ね、ウーさんもでしょ?(笑)

こんばんは。
こちらのブログはいうまでもなく、ここからつながっている皆様の映画についての記事を、いつも(ひそかに)楽しみにしております。

「Brokeback Mountain」は私も楽しみにしています。「highway」でJ・レトと共演していたジェイク・ギレンホールが主演の一人だし。
「明日に流れる川」(特にイ・デヨンさん)はぜひいつの日か見たい。ポン・ジュノの新作では、やっぱり巨大な卵が川を流れてゆくのだろうか?色々気になるところです。

フェイユイさん、わざわざごあいさつにおいでいただき申し訳ありません。ふだんし慣れないトラックバックなんかしたもんで、まちがって2回も送っちゃって……。すみません(お時間のあるときに片方削除してやってください)。

本当に残るのは若い時に見た映画なんだとつい最近どこかで映画監督か誰かが言っていたのを読みました。もちろん、最近のものでも、インパクトの強かった映画は沢山あるのですが、あと10年ぐらいしてから再評価してみたいですね←そんなに生きてんのか、自分。

あ、見たい映画ですっかり忘れていたのは、今をときめくリーアム・ニーソン主演のあの "Kinsey" (邦題「愛についてのキンゼイ・レポート」)ですね。10代後半のころは、キンゼイ報告なんかがデータとして採用されている新書なんかばっかり読んでた気が……。この映画のことを知ったときには、あまりに懐かしい名に本当にびっくりしました。

バトン、受け取ってくださってありがとうございます。うれしいですー。そしてやはり興味深い答えですねー。
shitoさんの心の映画もカブってて喜んでいましたが、石公さんのセレクトも前4つは私も選びたかった映画です。心に残る映画がメジャーである。というのはやはりそういうものなのでしょうか。(私もめちゃメジャーを思い浮かべてしまいましたし)
TBありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/4875240

この記事へのトラックバック一覧です: ラストランナー:

» 映画バトン [藍空]
わわ、shitoさんから「映画バトン」なるものが手渡されました。気のきいたことはいえませんが、何とか考えてみましょー。あ、それと、私の場合はほとんど新作じゃない、というとこがミソ。 Q1.過去一年間で一番笑った映画 :のっけから何ですが、1年といっても何だか記憶..... [続きを読む]

« 鏡に映ったのは | トップページ | 盆つれづれ »