« 盆つれづれ | トップページ | 夏休み映画祭り(その1) »

2005.07.16

売り切れくまさん

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映される《熊哥叔叔》こと『ベアー・パパ』は、前売り券、当日券共に完売とのこと。今のところ唯一の完売で、(必ず入場できるとは限らないという)立ち見整理券を配布中。すごいぞ~! かくいう自分も前売りなど買っておらず、昨晩、8番の立ち見整理券をもらってきた(昨晩は前の回に間に合わず、見られたのは『シュガー』のみ)。

『シュガー』。いわゆる青春破滅モノ。ただし主人公は、「破滅的な彼氏」を卒業し成長シマシタ、というさわやかな締めくくり。画面は暗いのだけれど、なかなか良い感じのショットもある。途中何度か「これもダメ映画か?」と疑念が浮かぶが、妹や母やお客の出腹のおっちゃんなど、脇役陣のキャラクターが面白くていねいに描かれていてスカスカ感がないので、トータルとして好印象だった。「破滅的な彼氏」ブッチを演じた Brendan Fehr は、毛髪を剃りあげた終盤が断然素晴らしい(&美しい)。びっくりしたのは、クリフという主人公を演じた Andre Noble (1979年生まれ)のプロフィールに、2004年のキャンプ中、トリカブトにより死亡とあったこと。ぼーっとした若者を好演していたのに残念だ。9月に渋谷シネ・ラ・セットで公開予定。

« 盆つれづれ | トップページ | 夏休み映画祭り(その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/4990111

この記事へのトラックバック一覧です: 売り切れくまさん:

« 盆つれづれ | トップページ | 夏休み映画祭り(その1) »