« ラストランナー | トップページ | 売り切れくまさん »

2005.07.15

盆つれづれ

東京はお盆(新暦)である。13日には迎え火をたいた。16日に送り火をたくまでは、仏壇飾りに仏様用の食事(小さな器にご飯・汁と三菜を盛ったもの)のほかに、(先祖の霊が)来る日はだんご、滞在中はそうめん、(あの世に)帰る日は塩むすびを供えるのだと祖母に教わった。その祖母も向こうの人となってしまい、現在はめでたく帰省中である(おかへり♪)。

祖母は確か、盆に帰ってくる先祖の魂のことを「おひょろさま」と呼んでいた。この言葉は、子どもには非常に怖かった。夜中のお雛様も怖いが、夜中に見る盆の祭壇も怖い。しかもそこにいるのは「おひょろさま」である。その言葉から、火の玉がひょろひょろと飛んでいる様子を頭に浮かべたものだ。だから夜中に目を覚ますことがないよう、盆は一生懸命目を閉じて眠った覚えがある。

「おひょろさま」のほかにもう1つ、「のんのさま」という言葉がある。祖母の言動からすると、それは(仏壇にいる)仏様のことらしい。盆に帰ってくるのは「おひょろさま」だが、普段、仏壇にいるのは「のんのさま(のんのさん)」で、よそから頂いた初物の果物などは、まずは「のんのさんにあげて」、しばらくして下げたものを家族で食べるのだ。

この「のんのさん」、子どものころは祖母のオリジナルだと思っていたのだが、もう何10年も前、テレビで放映された「のんのんばあとオレ」(水木しげる原作)を見たときに、「これは祖母の「のんのさん」と同じ言葉だ」と感じた。きちんと調べたわけではないが、元は同じ言葉だと思われる。いずれにしても「のんのさん」または「のんのさま」という言葉は、祖母の創作などではなく世の中に遍く存在する。

何でこんなことを書き連ねているのかというと、きょう外で『妖怪大戦争』(監督:三池崇史、プロデュースチーム「怪」(水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆき)制作原案)のポスターを見たからである。

もちろん雑誌「怪」は知っているが、水木しげる先生や宮部さんや京極さんはさて置いて……いやあ、加藤保憲にスクリーンで再び相見える日が来ようとは! 嶋田久作から豊川悦司に交代したのがちょい残念だが、スチールを見るとなかなか似合っているので、それもまたよしだ。

何せ荒俣宏の小説は大好きで、『帝都物語』のころには夢中になって周囲に勧めまくった。単なる別世界のファンタジーではなく、現実とつながった異界の話で、実際に存在した歴史上の人物や出来事がフィクションの中にうまく織り込まれており、しかも学校教育が故意か時間の都合か知らぬが必ず避けて通る日本の近代という時代設定が気に入っていた。加藤と目方恵子の再会のダンスシーンなどには、本当にしびれた(→死語)ものだった。「帝都」ではないが、現在でも、過去に読んだ小説のうち好きなものを10冊を挙げろと言われたら、荒俣宏の『ゑびす殺し』(短編集)は絶対にその中に入る。

きょう見かけたポスターの加藤保憲の隣は、「目覚めよベイダー」のSWポスターだったのだが、この2人、どこか似通った匂いを放っていた。そういや、「帝都」のときの加藤も「目覚めよ(将門)」とか言ってなかったか?

« ラストランナー | トップページ | 売り切れくまさん »

コメント

Saturnianさん、こんばんわ。いつも更新を楽しみにしています。

取り上げていただいた上に、今回も、しみじみ良いリズムの文章の中に配置していただき、幸せです。

で、次のホトケ関係のイベントは、8月の上旬~中旬に行われる「お施餓鬼」になります(笑)。特にいわゆる宗教団体に入ってるわけではなく、ただの寺の行事ですが……。

そうそう「盆踊り」もそうですね。明治時代の小泉八雲の随筆などに描写される盆踊りの光景は、今では信じられないほど荘重な雰囲気で、盆踊りとは「祭」ではなく「(宗教)儀式」の1つなんだなと感じます。

『妖怪大戦争』には、「稲生物怪録」の稲生さんが出てるんですね。このへんもまた興味ある書物です。

石公さんのおばあちゃんばなしには、いつもしんみりさせられます。

『妖怪大戦争』のサイトを見ましたが、なんだかすごいキャストですねえ。夏休みにはぴったりの映画ですね。

台風一過、今日は暑くなりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/4977100

この記事へのトラックバック一覧です: 盆つれづれ:

» おひょろさま・のんのさま・まんまんさん [SaturnianCafe - Memorandum]
◆ 東京に二十年近くも住んでいるのに、七月のお盆にはいっこうに慣れないから、ブログやなんかでいわゆる 「東京盆」 のハナシをあれこれ読んでも、まったくの他人事である。 ◇ 東京はお盆 (新暦) である...... [続きを読む]

« ラストランナー | トップページ | 売り切れくまさん »