« LINEUPに登場 | トップページ | 鉄西区 フランス版DVD »

2005.06.20

デュカプリオ再び

基本的には、自分のWeblogのことはリアルの知り合いには教えないのだが、たまたま魔が差して知らせてしまった友人がいる。もちろん相手は、自分がここでどんな恥ずかしいことを書こうが後ろ指をさしたりはしないであろう、ちゃんとした大人である。先日、その友人と「スクリーン」(映画雑誌)の話をした。

「スクリーンってのは、昔から人名表記が独特でね、(今は知らないけれど)マーチン・スコルセーセとか、ジュリー・アンドルーズとか書いてたんだよ」と自分。すると彼女が、「じゃあ、「デュカプリオ」っていうのもそれなんだね~(笑)」と言う。

いや、それまで気付かなかったのだ。レオナルド・ディカプリオだって……(汗)。確かに綴りは "DiCaprio" だもんな~。ここでも、過去に何度もデュカプリオって書いてた気がする。う~ん、思い込みってこわい。阿呆の記念に、あのエントリのタイトルはそのままにしておくことにした(笑)。

まあ、ほかにもご指摘いただければ、そういう、思い込みでの恥ずかしい表記ミスは沢山あると思う。

だいたい、ホウ・シャオシェンのホウが「候」ではなく「侯」だと気付いた日も、本当に穴があったら入りたかったもんなあ。「西原理恵子」が「サイバラリエコ」だったとわかったときも。

大昔には「ホテイトラヤス」とか「ゼットガンダム」とか発音して、後輩に笑われた覚えが……。

そんなボンクラな自分も、他人のミスには厳しい。言わないけれど、厳しい(笑)。←最低じゃん。

よくある例だと、一般映画ファンならいざ知らず、中華系の電影迷が「非情城市」と書いていると、本当に悲しい。いや、いまだに多いのだ、この例は。

誤記ならまだしも、「この人がこの言葉を使うか」と思うとがっかりすることもある。

以前、個人の日記のWeblogで、非常にクールな文章を書く女性がいた。もちろん、本人を知っているわけではないが、ある日彼女が、その日記の中で「お洋服」という言葉を使った。まあ、「お洋服」という言葉自体は、好きではないが決定的に嫌うような言葉ではない。最初からそういう言葉を使いそうな人がそういう言葉を使うなら、別段驚くにはあたらない。だが、普段とても冷静で、ユニセックスな文体に好感を持って面白くて読んでいた彼女の文章の中でこの単語を見たとき、こちらの相手への勝手な(本当に勝手な)思い入れが覆されてしまった気がして、以来、徐々に幻想が薄らぎ、いつしかRSSリーダーから登録を外してしまった(いやあ、読み手なんて勝手なものだ)。

「お洋服」タイプの言葉では、「お給料」という言葉も、使われるとかなりがっかりするのだが。「デュカプリオが何を言うかね」と、笑ってやってください。

« LINEUPに登場 | トップページ | 鉄西区 フランス版DVD »

コメント

Saturnianさん、おひさしぶりです。

(情けない私と違い)Saturnianさんのところは、
最近どんどん更新されているので、楽しく拝見しています。

ちなみにSaturnianさんのお書きになった文章冒頭の
「おともだち」部分に鍵かっこがついているのは
「お・ともだち」という言葉の強調の鍵かっこではなく

>勝手に「おともだち」ということにしています

という意での鍵かっこなのですね?


さて、「お便所」ですが
これはSaturnianさんのところにコメントすべきなのかもしれませんが
私は、「お便所」については
下町の奥さんがちょっと気取って使う言葉といった感触を持ちます。
(実際、今は聞きませんが、かつてはよく聞きました)

「おトイレ」という言い方を、幼稚園で覚えてきて使ったら
「『トイレ』は外来語なので『お』をつけるのはおかしい。『お手洗い』と言え」
と、今思えばよくわからないロジックで、母に注意されたことがあり
以来、ずっとそれを守っています。
「以来」って、もう恥ずかしいぐらい長い年月ですが……。

最近、気持ち悪くて仕方ないのは
『BAIRA』という若い女性向けのファッション誌の

「おしゃれ」かなり好き。「お仕事」楽しくなってきた。

というキャッチフレーズの中の「お仕事」です。
街の巨大看板でよく見かけたもので……。

「おしゃれ」かなり好き。「仕事」楽しくなってきた。

だと、若い男性向けのファッション誌と取れなくもないので
「お仕事」にしたのかもしれません。

思えば「お仕事」という言葉、
男性は、子どもに対して話しかけるとき以外は使いませんよね。

「お仕事」レベルの仕事しかできない女性をターゲットにした雑誌なのだろうなと
『BAIRA』には烙印を押している、すさんだ私です。

というか、既に、自分など
『BAIRA』の(年齢的な)ターゲットのず~っと外なのですが……。

石公さん、おひさしぶりです。
http://www.saturniancafe.com/memorandum/archives/2008/12/02_0843.php
に、「お便所」という記事を書きました。石公さんの文章を無断で引用してます。ついでに勝手に「おともだち」ということにしてます。あしからず。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/4641120

この記事へのトラックバック一覧です: デュカプリオ再び:

« LINEUPに登場 | トップページ | 鉄西区 フランス版DVD »