« デモーニッシュ【dämonisch】 | トップページ | やればできるじゃん »

2005.05.01

大王の帰還

『アレキサンダー』関東地区上映情報を発見。三軒茶屋シネマにて、5月14日より(1~2週間の上映と思われる)。しかも『五線譜のラブレター DE-LOVELY 』と2本立てだ。いや~三軒茶屋で映画見るのなんて、20年ぶりぐらいかも(爆)。←まだ行くのか?

本日は華々しくあちこちからいろいろなものが届き、心騒ぐ日だった。午後イチで、古書販売サイトで注文していた河出文庫の短編集『ファミリー・ダンシング』(デイヴィット・レーヴィット著)が届き、しばらくしてから月賦で購入した32型のテレビが届き(しかしDVDデッキを買う予定はないので、映画DVDは今までどおりPCで見るだけだ)、夕方ついに、例の『この世の果ての家』原書&オーディオCD11枚組が届く。

コリン・ファレルの朗読は凄い。凄いとしかいいようのないぐらい、凄い。最初にCDを再生し、彼の声を聴いたとたん、"heartthrob"(→(心臓の)動悸のことであり、心ときめく憧れの人というような意味も持つ)という言葉が頭に浮かんだ。心臓がいつもより強く速く鼓動し始めたから。だが、だか全く聴き取れない。ダラス・ロバーツの言葉は聴き取りやすいのだが、インタビューでもテレビ番組でもそうなのだが、コリン・ファレルの言葉はほとんど聴き取れない。しかも原書を追うのも間に合わないぐらい速いし……。最終的には、登るべき山のあまりの高さに、心臓の動悸よりも膝からくずれ落ちる思いの方が強くなった。いや~、こりは難関。

« デモーニッシュ【dämonisch】 | トップページ | やればできるじゃん »

コメント

遊女asomeさん、ハンドルはこの書き方でいいですか?

初めまして。もちろん、遊女asomeさんのサイトも存じ上げています。「アレキサンダー」評もかなり早い段階(2月だったか)に拝読し、非常に細かく丁寧に書かれていて、楽しませていただいた記憶があります。お越しいただきありがとうございます。改めて再び、ゆっくり遊女asomeさんのサイトも読ませていただきに参りますね。

三軒茶屋、日々"ファンの集い"状態になりそうですねえ。たとえ誰だかわからずとも、恥ずかしいまねはしないように、心しなくては(笑)。

確実に、リピーターが日本の「アレキサンダー」の興行成績を支えたことと思いますが(含・自分)、まだ見ていない方にも、1人でも多く見ていただきたいと思いますね。

石公様

わーい!情報ありがとうございます。DVDでカットシーンがあると聞き、もう、見れないシーンがあるのかと、意気消沈していました。
嬉しいです。ありがとうございます。
アレキサンダーのブログ丁寧に読ませていただきました。この作品は見れば見るほど、深まるところが、いいですね。映画に行くための下準備中で、史料を呼んでいます。
TB貼らせていただきましたので、ぜひ、遊びにきてくださいませ。

ダフネさん、リンクありがとうございました♪ 感謝いたします。

「ネットマナー」ですか? 私も大の苦手です(笑)。過去には沢山失敗しました。今もあちこちで、他人様の気持ちを踏みにじったり、憤慨させたりしているかもしれません。今だに、トラックバック1つ飛ばすのにも悩みますし。Weblogは本来のインターネットの機能に沿ったオープンな世界なので、非常にスリリングかつ自由です(笑)。もちろん、Weblogといえども、最低限必要なマナー(というか常識かな?)はあるはずですが。

どうかあまりお気になさらずに。よろしくお願いいたします!

石公様

さっそくのお返事、ありがとうございます。
まず初めに・・・。大変申し訳ありません。お名前、間違っておりました。穴があったら入りたいです;言い訳ですがド近眼なもので・・・。見苦しい言い訳ですね。とにかくすみませんでした(大汗)

おまけにブログのマナーもよく理解しておらず・・・。なるほど、そういう風にすることがよいのですね。いきなりこちらのURLをうちなんかのブログに、ブログ主さんの許可もなく貼り付けるのって失礼かと思っておりました。
最近色々ネット上を回りすぎていてあとで記事書く時、この情報ってどこで見たっけ?と言うものも多いので、気をつけなければ・・・。

なんと、うちのブログ見て下さってるのですか!ビックリしました。みなさんどこでどう繋がっているのかわかりませんね。なんだか妙に緊張してきました(今更ですが)。

こんな無礼者の私ですが、今後ともよろしくお願いします。

ダフネさん、初めまして。

こんなところまでよくおいでくださいました。ありがとうございます。もちろん、ダフネさんのblogも存じ上げておりますし、ダフネさんはじめ、お仲間のみなさんが情報交換しておられるファン・サイトさんのBBSも拝見しております!

情報はもちろん誰のものでもありませんので、お書きいただいてOKです。ファンの気持ちは皆同じです。わざわざお越しいただいて本当に嬉しいですが、blogはリンクされること自体が存在意義の1つですから、お断りは一切不要です。

でも、おこがましいことを承知で申しあげれば、エントリのエッセンスのみをすっぽり抜かれるよりは、私の記事をリンクしていただければ幸せです。あまり面白い記事ではありませんが(汗)。つまり、記事本文の一番最後の右下にある「固定リンク」のURL(この記事で言えば
  ↓
http://ishiko.way-nifty.com/ytmlog/2005/05/post_dd5e.html
になります)を、「こんなところで見たんだよ~」と、お書きになるblog記事の中やBBSの書き込み中にリンクしていただけると本当に嬉しいということですが……。いつもそんなことを願っております(笑)。偉そうなことを言い、申し訳ありません。

初めまして、石松様。

いきなり入ってきてすみません。実は私も「アレキサンダー」を観て以来、すっかり嵌ってしまい、日本版DVD発売まで待ちきれない!と思ってるものの一人です。

こちらのように立派でまじめなブログではないのですが、私も恥ずかしいぐらいミーハーなブログを持っておりまして、そこにいらしてくださる皆さんと「アレキサンダー」関連の話でいつも、まだまだ盛り上がっております。

私自身は関東在住ではないのですが、来てくださってる方はやはり関東の方が多いと思われ、よろしければこの記事に書かれている三軒茶屋上映情報をうちのブログにも書かせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/3928075

この記事へのトラックバック一覧です: 大王の帰還:

» アレキサンダー 深読み映画評PART2 (後編)かなりネタばれ [遊女asome]
多くの映画評論家がこの「アレキサンダー」の東征とアメリカの政策を重ね合わせて解釈していました。立花隆氏でさえ、御多分に洩れません。しかし、オリバー・ストーン監督は「政治的な意図は全然ない、あくまでも古代ロマンとしてみてくれ」と力説しています。幼い頃から...... [続きを読む]

« デモーニッシュ【dämonisch】 | トップページ | やればできるじゃん »