« Be Reasonable… | トップページ | しばしのおあづけ←してない »

2005.05.15

一週間

ずっと『この世の果ての家』を読み直していた。ボビーの「本名」はロバート・モローだと今ごろ気付く。そりゃロバートなのは当たり前だけど。

テレビで『さまよえる人々』の一部を見る。肥桶に至るまでリアルで薄暗い中世のヨーロッパを描きながら、巨大な頭の像のおかげかシュールな画面を作り出している。途中から見て途中でチャンネル変更を余儀なくされたため何だかわからないが、オランダ人もスペイン人もイタリア人も登場する不思議な映画。本当にあの時代をのぞき見したような気がした。

木曜は珍しく当たった映画の試写に行くつもりが、仕事が長引き行けず。カンヌ映画祭の公式サイトでアトム・エゴヤンの新作(コンペ参加作品)の一部の動画を見る。何と、演じているのは自分にとっての「コリン」こと、コリン・ファースだ。今回も口ひげをはやして何やらとてもいやらしそうだ(素晴らしい!)。本編を見る日が楽しみだ。そして3月に発注した大王&アレキサンドリア関連本の一部がamazonから届く。この後に及んでもう1冊は後送だと……。自分的には大王関連本はこれで最後の「一山」のつもり。

土曜には韓流シネマフェスにて『ライターをつけろ』と『受取人不明』を見る。前者で爆笑し続け、後者で緊張し続け、どちらも大満足そして精神的に疲労困憊。評価の定まっているキム・ギドク(『受取人不明』)は言わずもがなだが、『ライターをつけろ』は(JR西日本の事故があった関係で時期的には辛いものがあるが)絶対に見て損はない爆笑映画。チャ・スンウォンを食う天然ボケ演技のキム・スンウ(←初めて見た)、うますぎ。会場ではファンタ上映時の『ボーン・トゥ・ファイト』並みに、痛快なシーンで拍手が起こっていた、ぱらぱらとだけれど……(もっと盛り上がってもいいぞ)。DVDは『TUBE』と合わせて「乗り物サスペンス(?)セット」ということで、抱き合わせ販売はどうだろう。こうなったらやはり、どこかで《黄山原》も見たいものだ。

« Be Reasonable… | トップページ | しばしのおあづけ←してない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/4131383

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間:

« Be Reasonable… | トップページ | しばしのおあづけ←してない »