« The King Lives! | トップページ | 花より何とか »

2005.03.31

ウサギのように走ったというか、転げたというか

thumb_gael_bueno
上は3月5日に出かけた「韓国インディペンデント映画2005」会場のイメージフォーラムの外壁に飾られている、映画『ブエノスアイレスの夜』中に登場するガエル・ガルシア・ベルナルのポスター。ニセ妹嬢が撮影してくれたもの(深謝)。ぐっと縮小したのでここに無断で貼らせてもらった。本物はどこぞの古代戦闘図モザイクのごとくでかい。勝手に使用してすみません(→to ニセ妹)。

今年の「韓国インディペンデント映画2005」は、昨年以上にパワーアップされた作品群で、とても見応えがあった(特に『スパイするカメラ』と『シン・ソンイルの神隠し』は面白かった。前者は、社会問題をテーマにしたインディーズ作品にもかかわらず、『スパイダー・フォレスト 懺悔』あたりよりずっと娯楽性があり楽しめたし、後者は『地球を守れ!』に似たパワーを感じた)。長編・オムニバスあわせて5作ほどしか見なかったのだが、もう少し「心ここにある」状態であれば、どの作品ももっと深い印象を刻んだに違いない。

3月中、これら以外に映画館で見たのは、よく考えたら恐ろしいことに1作品だけだった。その1作品のために何度映画館にのこのこ出かけて行ったか、回数は恥ずかしくて書けない。

DVDでハリウッドの娯楽映画ばかりを見ていると、特にそれがよくできていて夢中になれる大作だったりすればするほど、しばらくしてから”物足りなさ”が残る。丸い入れ物に四角い物を入れたときのような、隙間があるのを感じる。収めた四角が強烈に魅力的であれば隙間の存在をしばし忘れるが、いつしか四隅を静かなすきま風が通りだす。その間隙を埋められる最大のものが、自分にとってはアジアの映画というわけなんだろうか。

« The King Lives! | トップページ | 花より何とか »

コメント

ウーさん、こんばんわです。「天国の口……」は尾藤イサオ風吹替えで見ていただけましたでしょうか(笑)。あの映画は、語りの雰囲気も面白いですよね。……そうかあ、ボビーとジョナサンはその一線を越え、その先も乗り越えて、兄弟以上の関係で結びついた世にも稀なケースなんですね。ガエルくん作品といえば、もうすぐ「バッド・エデュケーション」が始まります。嬉しいです。さらに、来週からの「韓流シネマフェスティバル」のチケットとすでに上映中の「サマリア」の前売りと「清風明月」の前売りが束になって手元にあるんですが……こなせるのか、自分(苦笑)。


がえる君といえば、「天国の口、終りの楽園」やっと見ました。大陸を車でゆくロードムービーという点では「父帰る」と同一でしたが、全く異なったラテンな内容で非常に楽しかったです。頭ん中はアレのことばっかりの十七歳男子も、さすがに最後のあれは友情を強制終了しなくちゃおさまんないほどやばかったんですかね(何を言っておるのだ)。
韓国インディペンデント映画は、今年はフリーパスまで買って気合い入れて見るつもりが、ふたを開けてみたら見たのは結局2本だけ……何か違う方向へ転がっていく自分を止められません。アジアは遠い。遠いよ……

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/3493145

この記事へのトラックバック一覧です: ウサギのように走ったというか、転げたというか:

« The King Lives! | トップページ | 花より何とか »