« 極東で大王に会える場所 | トップページ | Out of Control »

2005.02.26

鬼が怒るだろう

今さらながら、2003年もそんなことをまとめたので、2004年に見た映画の中からも、いろいろな意味で印象に残ったものをあげてみる。いや、大王がらみのエントリが続いているのが恥ずかしいので、ちょっと茶を濁してみたくなったのだ(←お茶を濁すの使い方、まちがってます?)。

~2004年に見た映画から~

【時々無性に見たくなる】
 ある日、突然 (2002年アルゼンチン)

【一生ついて行きます】
 ユー・シュート、アイ・シュート (2001年香港)
      ……パン・ホーチョン(彭浩翔)監督
東京国際映画祭

【この人が何者なのか気になる】
 Pipio(短編作品)……カン・マンジン監督 
    ショートショート・フィルムフェスティバル・ アジア

【爽快な離婚話2つ】
 胡蝶 (2004年香港) 東京国際映画祭  
 上海家族(2002年中国) 

【逆にこちらは結婚話】
 旅人とマジシャン (2003年ブータン) 福岡アジア映画祭
 
【参った日本映画、新旧2本。2004年ベストかも】
 下妻物語(2004年日本)
 飢餓海峡(1964年日本) 東京フィルメックス

【2つとも強烈。だが、2つとも再び見るには勇気がいる】 
 鉄西区 (2003年中国) 上映会
 ビーイング・ノーマル(2003年韓国)
     韓国インディペンデント映画2004

【気になるオヤジたち(映画本体も好きだが)】
 ラクダ(たち) (2002年韓国)……イ・デヨン 
    韓国インディペンデント映画2004
 フェリシアの旅 (1999年英=カナダ)……ボズ・ホスキンス 
    アトム・エゴヤン映画祭2004
 TUBE(チューブ)(2003年韓国)……ソン・ビョンホ     
    東京国際ファンタスティック映画祭

【気になるオヤジ(番外編)】
 エリック・コット(葛民輝)
  ……胡蝶でもユー・シュート、アイ・シユートでも地下鐵でも、そこにいた

(書き忘れにつき追加)
【前半の脱力感と後半の緊張感との落差の快感が忘れられない】
 トロピカル・マラディ (2004年タイ=仏=伊=独) 東京フィルメックス

« 極東で大王に会える場所 | トップページ | Out of Control »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/3080598

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼が怒るだろう:

« 極東で大王に会える場所 | トップページ | Out of Control »