« ポケットでもインクでもなく | トップページ | 来週から…… »

2004.11.16

あまりに秀逸な

タイトル。「巨星落つ、か・・・          (負け犬の)」←そして爆笑物の記事。腐○○なんて言葉のフの字もなかった10数年前から、このウワサは冗談のように存在したのである。それが、今に至るまで連綿と続いていたんだねえ。

昔話ついでにもう1つ。今月発売される2枚の懐かしい初恋物の定番映画DVD。片や『小さな恋のメロディ』は大メジャーだが、懐かしくて仕方ないのがもうひとつの『ジェレミー』。ちょっと前にみうらじゅんも話題にしていたようだが、これだけは彼の推奨がなくとも、ほとんどリアルタイムで好きだった(笑)。初恋物だが"初体験アリ"の、『小さな恋のメロディ』より少しだけ背伸びした内容で、瓶底メガネをかけたロビー・ベンソン(ジェレミー)も、ロングヘアーのグリニス・オコナーも本当に可愛かった。驚いたことに、映画はカンヌで何だかしらないが賞をとっていたらしい。当時、サウンドトラック盤のシングルレコードを買って、主題歌(「悲しみのジェレミー(The Hourglass Song)」)の歌詞を一生懸命暗記したものである。20数年経った今でも、酔っ払って夜道を歩くと、「メロディ・フェア」やら「悲しみのジェレミー」やら無意識に口ずさんでいるときもあるもんね……(恥)。

« ポケットでもインクでもなく | トップページ | 来週から…… »

コメント

vintagedaddyさん、書き込みにおいでいただいてありがとうございます!

「ジェレミー」は大人の鑑賞にも十分たえうる作品だったのですね。発売当初は1~2度店頭でみかけたものの、今はさっぱり見かけず、なかなか買えずにおりましたが、私も発注したくなりました(←一体ここ3~4カ月でDVDにいくらら金を注ぎ込んでいるというのだ、私は)。

「ディオウグラ~」は"the hourglass"のことですね。いや、意外と日本人が単語を文字ベースで読み取って発音するより、耳で聞き取って意味も分からず歌った方が、本物の発音に近かったりしますね。「悲しみのジェレミー」では歌詞を覚えるときに、"nursery rhyme"(童謡)とか"dime"(10セントコイン)とかそんな単語を辞書で引いたおぼえがあります。あのころは若かったので、脳のシワにもそんな言葉の断片が深く刻まれたらしく、今も覚えています。

私の持っているのは、は記事にも書きましたが、A面ロビー・ベンソン(悲しみのジェレミー)B面グリニス・オコナー(これは別の歌)のシングル盤サウンドトラック(レコード)なので、今これを聞くには家のどこかにあるレコード・プレーヤーを発掘しなくてはなりません。

もう何年も聴いていませんが、あの主題歌はイントロがすぐに頭に浮かびます。特に、静かに雨など降る日は「ジェレミー」がぴったりです。

今朝も何度も聞いています。
この曲が私の『心に残る懐かしい歌』だったんだあと、やっと分かった感じです。
30数年ぶりの再会。
落ち着いた優しい気分でいます。
映画や音楽には詳しくありませんが、
懐かしさを与えてくれるって
いいものですねぇ。

注文してから10日経って、やっと手に入りました。
見ていくうちに、この映画を観たときの自分の心のひだが思い出され、なぜこの映画がず~っと心の片隅に残っていたか、見終わったときに分かりました。ちょっと乱れ気味の青春だったので、純粋な恋に触れて打ちのめされたのでしょう。
主題歌「悲しみのジェレミー」はホントにいいですね。スペルも知らないで「ディオウグラ~」とそこだけ口ずさんでいましたが、今夜はフルコーラスを聴きながらのこの書き込みです。
今からCDに焼きます。ありがとうございました。

vintagedaddyさん、こんばんわ。コメントいただきありがとうございます。いや「ここがどんなサイトか」など知らぬほうが……(笑)。いえいえ、たいしたサイトではございません。お役に立ててなによりです。

この作品のあとも、ロビー・ベンソンは「アイスキャッスル」など、やはりさわやかな恋愛映画風の作品に出ていて、メガネこそはずしたものの余りイメージは変化しなかったように記憶していますが、グリニス・オコナーは「カリフォルニア・ドリーミング」でグラマラスな水着姿を披露してくれて目を見張った覚えが……。

何と言っても「ジェレミー」の主題歌は印象的ですが、やはり主題歌(「モーニング・アフター」)が印象的な「ポセイドン・アドベンチャー」はこれからハリウッドでリメイクされると聞きました。どうなることやら。ジーン・ハックマンはもちろんですが、"ライバル"アーネスト・ボーグナインおやじも好きだったっけなあ……って全く関係ない話でごめんなさい。

またDVDをご覧になったら、作品との再会のご感想など、よかったらお聞かせください。大好きな作品なので……。

「悲しみのジェレミー」で検索してやってきました。ここがどんなサイトか分からないままの書き込みです。
10数年前からレコード屋さん等で探してたんです。DVDになっているとの情報、ありがとうございます。さっそく明日買ってきます。
The Hourglass Songと言うんですね。なるほどと思いました。歌詞にも確かありますよね。そこだけ覚えてて、なぜか今でもそこだけが耳に残ってて、ず~っと気になってたんです。私が学生時代に観た映画ですから、もう30数年になるはずです。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/1975017

この記事へのトラックバック一覧です: あまりに秀逸な:

« ポケットでもインクでもなく | トップページ | 来週から…… »