« コリアン・シネマウィーク2004 | トップページ | Happy All Together »

2004.09.13

東京でハワイ

niezi_yyn032.jpg
画像はメガネのヒトが楊祐寧。

東京国際映画祭アジアの風部門)で、早くも『夢遊ハワイ』、あの祐祐主演のコメディ(なのか?)、ハワイというタイトルなのに全編台湾ローカルロケと言われる大変楽しそうな映画が上映される。これ、台湾でもまだ上映されていないんじゃ?
    ↓
勝手なことを書いてはいけない(失礼いたしました)。やはり、「面白そう」なのは芸能記者が撮ったロケ写真だけのよう。

『夢遊ハワイ』はコメディでも何でもない、ちょっと変った設定のロマンチックな映画だと、あちこちに書かれていた。設定を解読すると、ロマンチックというよりはファンタスティック、なのかな? 恋愛物ではなさそうなので、マジで内容的に期待できそうな気がしてきた。「ハワイを夢見て」というようなタイトルだから、当然ハワイじゃなくていいわけだし、舞台は。いわば「ハワイ」は「夢のカリフォルニア」みたいなものか? 監督の徐輔軍は、陳玉勲監督の助監督や、あの今や幻となりつつある范植偉と馬志翔が共演した《Brave20》で副監督を勤めた人だそう。

ということで、東京国際映画祭の上映作品も発表になっている。はぁ、こんなにたくさん見たいものがあるんでは、何本見られるのか心配になる。

« コリアン・シネマウィーク2004 | トップページ | Happy All Together »

コメント

namiさん、おひさしぶりです。もちろん覚えておりますよ!というか、こちらこそ覚えていてくださって有難いです。夏休みは上海……ということですか? いいですね~。

刀郎、そりゃあ若いお嬢さんには無理でしょう(笑)。何せ、ルックスは赤塚富士夫キャラ系、歌唱は吉幾三系ですから。

「薔薇之戀」は見てはおりませんが、もちろん知ってます。吉村明美の「薔薇のために」が原作漫画で、(自分的に)SHEの中で一番好きな(感じの)ELLAちゃんが主演しており、黄志瑋と鄭元暢という2人の美形男優がこの作品で大ブレイクした、という程度には……。撮影中のニュースでは、黃志瑋と鄭元暢の絡みのシーンばかりが話題になっていましたっけ。下で書き込みをしてくださっているmikiさんは、おそらく日本での鄭元暢のファンの第一人者といっても過言ではないはずです。

17歳…では、namiさんもお好きなDuncanさんが好きとおっしゃる方が多いようですね。祐祐については、東京国際で上映される映画が、彼の別の魅力を見せてくれるのではないかという意味でも楽しみです。ニエズは出番が少なかったですし、17歳…はああいう役どころでしたから。

(mikiさ~ん>現サイトのドラマレビューページの「薔薇之戀」の項の完成、楽しみにしています。もしよかったらブログか台湾関係ページのURLをここにも書き込んでやって下さい。その他にもあるのかな?)

かなりお久しぶりです、覚えてますか~?
8月はずっと上海にいて、この間は香港に行ってました
ネット上でなぜかうまいこと17のDVDを予約できなかったので、香港で購入してきましたよ~
香港で今売っているのは台湾版みたいです
香港版は年末くらいに出るとかいう話もどこかで聞いたような…

上海にいたとき石公さん注目の刀郎をちょくちょく見ました
なぜかかなり人気なんですよね、私には理解不能でした
今大陸では台湾人の俳優・歌手が大人気らしいですね
特にJayがすごかったな~
最近上海人の友達が『薔薇之恋』っていう台湾ドラマにはまってるんです、知ってますか?
日本の漫画が原作ので、SHEのELLAが主演です
郑元畅がかなりかっこいいです

とりあえず東京国際映画祭のyoyoの映画楽しみですね

なかなか興味深い内容そうですね、「夢遊ハワイ」
そうなんですよ、「愛。作戦」何故か上映(爆)
自分のサイトで散々酷評しておきながらいざ日本で
上映されるとなると気になって仕方ないのですが・・
他にも良い映画あるのに、何故これ?

は~い、間違いなく祐祐の映画です。mikiさんといえば、忘れちゃいなけい(笑)「愛・作戦」もなぜか(←失礼な!)上映なんですね。まあ、いろいろ楽しみではあります。「狂放」も「胡蝶」も「可能なる変化たち」も上映されて嬉しいです(行けるのか?)。特に何事もなければ、期間中の土日はほとんど会場に足を運んでいますので、お会いできるといいですね! たとえ逃げ隠れしたくても、腐臭を放っているので、すぐバレてしまうでしょうが(←怖いよ)。


石公さん、やはりあれは「夢遊夏威夷」ですよね?
昨日サイトを見て、そうだよな、違うかなと逡巡していましたの!
嬉しい~!っていうかクランクアップはしたんでしょうかね?
「2046」じゃないけど、期日までに編集終わるのかしら、なんだか心配。
しかし、本当に「アジアの風」だけで見たいもの目白押しですよ。
これにコンペティションや招待作品などモロモロ合わせると仕事行けるのか?
ってぐらいになりそうで不安です。
「夢遊夏威夷」石公さんも行かれるのでしたら是非会場でお目にかかりたいですわ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/1429734

この記事へのトラックバック一覧です: 東京でハワイ:

« コリアン・シネマウィーク2004 | トップページ | Happy All Together »