« 祐祐、今度は暗い17歳 | トップページ | ふそう、すて奥、孤戀花、そして…君の旅行に良いお天気を »

2004.05.05

完徹にて片付け中

休みが終わると思うと焦りだすバカでして……。

貯まりきってダンボールに押し込めていた本と、雑誌と、CDと、VCDと、DVDと……を最も安上がりに収納すべく、小型のプラスチック衣装ケースに詰めている。書棚はガラス扉がないかぎりホコリが入り、本が焼ける。が、ガラス扉付き可動式の立派な書棚を置くほど、築50年を超える家の和室の床は安定していないし、そんなに高価な書籍もない。低予算でモノをしまうにはこれが最善と判断した。まだ、発注したケースが半分量しか納品されていないので、頑張っても、きょうのうちに終わることはないんだけどね。

きょうは、張哥こと沈孟生が80キロから65キロに痩せたという記事ぐらいか。……いつもの偶像劇の話題だけど。いや、けっこう張哥も好きなんだなぁ。考えるだに、張哥と小敏の2人と龍鳳組は本当に対照的で面白いと思う。仕事中でも阿鳳が来ると職場を飛び出しちゃう龍子さんと、仕事中に呉敏に弁当を持ってきてもらっても、周りを気にして思い切り嫌がる張先生。本当にうまいコントラストだ。もちろん一般的には、張哥パターンの方が多かろう。

ちなみに、現在、台湾ではニエズの再放送中(実際には、再々々放送ぐらいかな?)。台湾に行かれる方は、見てきてください。

連休中は結局、渋~いイタリア映画を2本見たきり。『心は彼方に』は、周囲から結婚を勧められ続けている猛烈にオクテな中年男の恋の話。これは面白かった。エレガントと下世話が同居しているのに調和している、不思議な魅力のある映画だった。

『過去の力』は、父を亡くした男のところに、父の友人が訪ねてきて「実は君のお父さんは……」と語りだすヒッチコックめいた映画。こっちもかなり好きな作品だが、ドラマがあまりにも静かにじっくりと進むので、マヌケな自分は少しだけ眠くなった。もったいないことだ、主人公の男も母も妻も、父の友人のオヤジも、みな個性的で本当にいい味出しているのに……。

このところ中年男とオヤジの映画ばかり見ている気が……(って、自分で選んでるんだろうが)。さてと、掃除、掃除。

« 祐祐、今度は暗い17歳 | トップページ | ふそう、すて奥、孤戀花、そして…君の旅行に良いお天気を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/543001

この記事へのトラックバック一覧です: 完徹にて片付け中:

« 祐祐、今度は暗い17歳 | トップページ | ふそう、すて奥、孤戀花、そして…君の旅行に良いお天気を »