« 最新作は偶像劇だった。 | トップページ | 赤ちゃんが乗っています »

2004.03.27

黒狗来了&十七歳的……

1921134-766591.jpg1921028-766529.jpg
きょうは、ニエズ関連は三つ巴で各紙に同じ記事ばかり。左の画像の左側が、阿青母を演じた柯淑勤さん。彼女が出る、台湾で今週公開の映画《黒狗来了》の記事。欲求不満の人妻役で大胆なシーンもあるそう。

右の画像は《十七歳的天空》で、外国人と恋におちる若者を演じる「小玉」こと金勤くん。あいかわらず、達者な表情。この人が、将来どうなるのか楽しみだ。

あとは、范植偉の恋人といわれている王心凌が、彼について語ったゴシップ記事。きょうはこれが一番多く、5紙以上で見た気が。

ニエズとは全く関係ないが、朱延平がアイドルドラマに進出って記事もあったな~。といっても、全く無関係というわけではなく、台湾エンターテイメント映画の巨匠(?)である彼の作品には、阿青父を演じた柯俊雄や龍子さんことトゥオ・ゾンファが結構何作も出演している。

トニー・レオン主演のように紹介される『エンド・オブ・ザ・ロード』(レンタルビデオあり。日本語字幕)は、実はトゥオ・ゾンファが堂々主演で、脇ながらキリッとした柯俊雄の貫禄の演技も見られる(実はその前作《異域》でも、トゥオ・ゾンファ&柯俊雄が出ているらしいが、VCDが入手できず未見)。わかりやすい作品なので見やすい。ただし戦争物。

やれやれ。

« 最新作は偶像劇だった。 | トップページ | 赤ちゃんが乗っています »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/356870

この記事へのトラックバック一覧です: 黒狗来了&十七歳的……:

« 最新作は偶像劇だった。 | トップページ | 赤ちゃんが乗っています »