« 身のほど知らずに | トップページ | 誕生日その実 »

2004.02.28

545分耐久『鉄西区』

もっと長い映画もあるのでこんなタイトルをつけることもないが、2003年山形国際ドキュメンタリー映画祭で大賞を受賞した、中国の王兵監督のドキュメンタリー『鉄西区』(←YIDFFの作品解説ページよりリンク)、首都圏では4月にアテネ・フランセで上映のもよう。


中華圏のドキュメンタリー、昨年は『緑色包囲』(中国)と『生命(いのち)』(台湾)2本見ることができたのだが、大陸作品は飄々とした軽さの中に深刻さがちらつくリアルで現代的な作品、台湾作品は創作物として工夫されじっくりと練り上げられたドキュメンタリーという、全く違うタイプのもので、しかもどちらも見応えがあり、おもしろかった。


そして真打、6時間の『鉄西区』の登場。全20話のドラマVCDを見ると思えば楽なものかね?(ドラマとは重さが違うだろ)

【2/29】訂正 545分は6時間じゃなくて、9時間の間違い。失礼しました。な、長い。

李楊監督の『盲井』はドキュメンタリーじゃなかったったよな(←ドキュメンタリーではないのに、そんな気がするのはなぜ?)。


« 身のほど知らずに | トップページ | 誕生日その実 »

コメント

コメントありがとうございます!

自分も「長い映画」って、
いつかは見てみたいファスビンダーの
『ベルリン・アレクサンダー広場』を想定していたんですが、
どうやらこれも、考えたらテレビ映画でした。

とりあえず昨年見た最長の映画は、
208分の日本映画『眠る右手を』(白川幸司監督)です。
これは重いのに面白かった。

実は、夏川さん期待の『木浦は港だ!』が、
ゆうばりファンタでグランプリをとったというニュースを見たときに、
そちらに書き込みに行こうとしたですよ。

でも映画関連のサイトを別システムに移行されていて、
バカな自分はどうしたらいいかわからず、
すごすごと戻ってきてしまいました。
ごめんなさい。

こんにちは、夏川です。
6時間ともなると、ちょっと大変ですね。
かくいう僕も、「トリック」と「バンドオブブラザーズ」の耐久一気鑑賞会をたまに催したりいたします。
あれ、ドラマでございました。
失礼。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/243517

この記事へのトラックバック一覧です: 545分耐久『鉄西区』:

« 身のほど知らずに | トップページ | 誕生日その実 »