« やっと、MUSA~武士~ | トップページ | 賈樟柯、地上へ »

2004.01.11

范植偉と子供たち

resize664489.jpg

日本でも3月に公開されるディズニー・アニメ『ブラザー・ベア』の、台湾での吹替版に声優として参加した范植偉が、1月10日に行われた試写会で、クイズに入賞した子供たちと撮った写真(写真は中央通訊社)。

今風のというよりは、古風なイメージの若者なので、子供や老人と並ぶと本当にしっくりきてしまう。

※「ニエズの周辺」というカテゴリを作ってみました。昨年放映された台湾ドラマ『[薛/子]子』(ニエズ……と読むらしい)近辺の話題を、たまにポツリポツリとできたらいいなと思っています。なんていって、ちゃんと続くのだろうか。((范植偉(ファン・チィウェイ)は主演俳優の1人)

« やっと、MUSA~武士~ | トップページ | 賈樟柯、地上へ »

コメント

亮香さん、初めまして。

こちらこそ、ご訪問いただきありがとうございます&ニエズ20話完走おめでとうございます! きっと今ごろスケート場をぐるぐる回る若者たちの姿とあの音楽が、亮香さんの頭の中をもぐるぐる回っていることと思います。

ニエズがそこいらのドラマのストーリーと違うのは、何といっても白先勇の原作のたまもの。そして范植偉は、原作者も認めた"ハマリ役"。どうも、彼のあの古風な雰囲気は、現代劇では浮いてしまうようで、他に"合っている"と思われるのはチャン・ツォーチ監督作品のチンピラ系の役柄ぐらいじゃないかという気が……。

昨年は范植偉の年でしたが、今年は楊祐寧の年になりました。范植偉の演技力がどうなのかは良くわかりませんが(笑)、黙って立っているだけで独特の空気を漂わせる范植偉の魅力を、李青役以上に見せてくれる作品を見たいなあと思います。小偉は祐祐より"使い勝手"の悪そうな個性(→人柄という意味ではなく、ビジュアルや雰囲気といったもの)を持っているので、なかなか難しそうですが。

よかったらまた、ニエズの感想などお聞かせください。

初めまして。念願叶って「ニエズ」観ました。ここのブログでこのドラマを知り、台北在住の友にDVD(范植偉直筆サイン入り!)を購入してもらい、先週末訪れた際やっと手にしました。今週全20話を一気に観続け(寝る間も惜しんで)見事に沈没状態です。悲しいかな言葉の壁は厚く字幕の漢字を想像力で読み倒したといえるかも。そんな中、ラストを安易な「父子の和解」で終わらなかった事や、良、優、硬を併せ持った一本筋の通ったキャラを見事に演じた范くんにぞっこんです。このブログを開設された石公さんに感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/90481

この記事へのトラックバック一覧です: 范植偉と子供たち:

« やっと、MUSA~武士~ | トップページ | 賈樟柯、地上へ »