« まだ終わらない映画祭ロード | トップページ | 年賀状作成中 »

2003.12.17

米国映画協会の2003年ベスト10

台湾でも大陸でも香港でも芸能ニュースで取り上げられていた、米国映画協会(American Film Institute)の2003年度の映画ベスト10。

1.American Splendor
2.ファインディング・ニモ
3.白いカラス
4.イン・アメリカ/三つの小さな願いごと
5.ラストサムライ
6.ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
7.Lost In Translation
8.Master & Commander
9.モンスター
9.ミスティック・リバー

Movie City Centreというサイトでは、上記AFIのほかに10の批評家や団体の選び出したベスト10が載っている。

その中で取り上げられていたアジア圏の映画では、『さらば、龍門客棧』と『PTU』と『10話』、『ブリスフリー・ユアーズ』はわかった。他にもあるかもしれないが、英題なのできちんと調べないと不明。韓国映画の流れは、まだ西洋(←!)にはさほどの影響は与えていないのだろうか。ムン・ソリあたりは、昨年『オアシス』、今年《浮気する家族》で評価されてるようだが。

« まだ終わらない映画祭ロード | トップページ | 年賀状作成中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9120/225107

この記事へのトラックバック一覧です: 米国映画協会の2003年ベスト10:

« まだ終わらない映画祭ロード | トップページ | 年賀状作成中 »